プログラミング

Windows コンテナで VC++ プロジェクトのビルド環境を作る

Windows コンテナ(Windows Container) で Visual C++ プロジェクトのビルド環境を構成してみました。Windows コンテナはデスクトップ環境を持つわけではないので、 Visual Studio をインストールして IDE ありで使うことはできません。しかし、 VS Build Tools をインストールして、 .sln ...
プログラミング

.Net Core3.1(WPF) + ネイティブDLL でデバッグできない

.Net Core でもバージョン 3.0 以降で WPF を使用した GUI アプリケーションを作ることが出来るようになりました。これと C/C++ で作成したネイティブの DLL を組み合わせてアプリケーションを作ろうとしたのですが、今回のタイトルにある課題に出遭いました。 実行は出来る C# 部分のデバッグ実行は問題なく出来ます。また、 ...
サーバー構築

VSCode – Remote Containers によるFlask 開発環境

Visual Studio Code (VSCode) の Remote Containers 機能を使って、 Python の Flask を利用した開発環境を構築してみたときの記録です。Windows 環境でも Flask は動作しますが、デプロイ先が Linux サーバーやコンテナ内だったりするので、それらの影響も考慮すると開発時から Linux 環...
Hyper-V

Windows コンテナを動かしてみる

Windows10 で Docker コンテナ(Windowsコンテナ) で GPU が使えるようになったという話をみて、試してみようと思いつつなかなか実行できていなかったのですが、今回動作させるまでやれたので、その記録です。 使用している環境は Windows10 2004 バージョン、 WDDM 2.7 対応のグラフィックスドライバです。また以前...
PC環境設定

WSL2 時の Dockerコンテナの起動について

Windows の WSL2 になって、 Ubuntu 20.04 を使用しています。この環境で Docker を起動しようとして、従来の方法でエラーになったので別の方法を探していました。ようやく解決にたどり着いたのでそれを記録しておきます。 エラーの状態 従来の方法で実行したときは以下のコマンドを入力していました。 $ sudo cgr...
linux

mondorescue の自動リストアに失敗

CentOS 8 のせいではないと思いますが、 Mondo Rescue のリストアに失敗するようになりました。iso イメージから起動して自動リストアがとても便利でしたが、リストア後のシステムで各パーティションが見つからないと言われる状態に陥っています。 UUID 情報を手動で再セットすることで復帰処理ができたので、これで事なきを得ました。ここに...
プログラミング

RayTracing In One Weekend をやってみる(2)

ディフューズマテリアル シンプルなディフューズマテリアル 光を放出しないオブジェクトは、単に周囲の色を受け、固有の色でそれを変調します。表面で反射した光はランダムな方向になります。たとえば2つのディフューズマテリアルの間に光を送り込むと、反射した光は全く別の方向に向くことになります。 ある曲面のヒットポイント p に接する単位半径...
プログラミング

RayTracing in One Weekend をやってみる(1)

ここ最近、DXR (DirectX RayTracing) を触っていましたが、原点に返って勉強してみることにしました。そこで Ray Tracing In One Weekend の内容をやってみることにしました。本家の内容を自分なりの意訳しつつやってみて、その内容をここに記載します。記載のコードは本家のものとは少し違っている部分がありますが、多くの部分...
Vulkan

Raspberry Pi 4 で Vulkan を試す

Raspberry Pi 4 で Vulkan API を用いた描画が出来るようになったと聞いたので早速試してみました。試すまでの手順を説明します。 Raspberry Pi の準備 Raspberry Pi OS (32bit)をダウンロードして書き込みます。これについては手順は各所で語られているので割愛します。 ま...
Hyper-V

VMware Workstation 15.5.5 への更新

Windows10 2004 バージョンにしたことで WSL2 が使えるようになりました。 VMware Workstation を愛用している自分にとってはHyper-V との両者の共存が課題でした。今までは Hyper-V を使わないということで対処してきて、使っても WSL1 で仮想化を要求しないもので乗り切ってきました。 今回、 VMware...
タイトルとURLをコピーしました