DirectX

DirectX12 でジオメトリシェーダーを活用

DirectX12 でジオメトリシェーダーを使って遊んでみています。前回はポイントスプライトをやってみたので、今回はもう少し遊べるものをやってみました。 ひとつのアイデアとして、カメラのニアクリップに掛かる前に、ジオメトリシェーダーでよろしく処理をするというのを見かけました。通常カメラのニアクリップに掛かると、ポリゴンが欠けるようか割れるというか、あ...
linux

CentOS7に MondoRescue

インストール mondorescueを CentOS 7 にインストールしようとしていて、次のエラーメッセージでインストールできない状況になったので、解決策をメモしておきます。 誰かの役に立ったら幸いです。 The GPG keys listed for the "rhel 7 x86_64 - mondorescue Vanilla Pack...
DirectX

最新 VisualStudio と DirectX 9.0Ex で戦う 3Dプログラミング

はじめに DirectX 9.0c は長い間3Dプログラミングを支えてきました。 Windows XP のころから、現在の Windows10 に至るまで動作環境としては幅広いです。そして、長い間使用されたこともあって、インターネット上には多くの参考情報が残されています。 残念ながら現在の Visual Studio の環境では、当時のビルド設...
DirectX

DirectX12 でポイントスプライト

DirectX12 でジオメトリシェーダーを使った話をあまり見てなかったので、ちょっと試してみようと思います。ジオメトリシェーダーといえばプリミティブを生成できる特徴があるので、ポイントスプライトなどをやってみました。 描画手順 頂点データとしては位置情報を与えて、それを頂点シェーダーで座標変換します。その後、ジオメトリシェーダーで四角形を生成して描画します...
日記

技術書典7振り返り

技術書典7に本を出す側で無事に参加して戻って来れたので、感想を残しておこうと思います。 技術書典6のときと比べると個人的にはぐったり疲れています。 紙本+DLコード付属は正義 前回の反省を踏まえて、今回の新刊では紙本の場合には電子版のDLコードを付属する、という方法を採りました。 これによって次の点を解決しました。 紙本 or 電子版 の商品区別が...
日記

技術書典用 被サークルチェック数チェッカー

毎晩、被チェック数が増えているかな?とページをアクセスして覗いていましたが、自動化の話を見かけたので自分もチャレンジしました。前記事の続きとなりますが、ようやく動く物ができたので共有します。自分は今これをつかって確認しています。 被サークルチェック数チェッカー Selenium とヘッドレス Chrome で技術書典の被サークルチェック数を取り出すものを書...
日記

Selenium で Headless Chrome インストールに失敗した話

技術書典7向けの作業をしていて、ここしばらく追われてました。CEDEC 2019 とかでは、もう DirectX Raytracing を使っての話が多く、そろそろ本ブログでもやっていかないとなぁと思っている次第です。 さて技術書典のサイトで被チェック数が確認できるのですが、これを確認するのを自動化してみようと試行錯誤していました。既に、 GCP の Go...
DirectX

DirectX12 フルスクリーンの罠

DirectX12 でフルスクリーン描画を行おうとしたときに、予想外に色々と苦戦しました。 DirectX12 というよりは、フルスクリーンは DXGI の機能・制御管轄なので、もしかすると今回の話は DirectX11 でも症状が出るのかもしれません。もしかすると環境要因もあるのかもしれませんが、何かの参考になれば幸いです。 出遭ったこと 「ALT+ENT...
Vulkan

Vulkan での排他フルスクリーン

Vulkan でフルスクリーンアプリケーションを作ろうと思ったら、全画面のウィンドウを枠なしで作るという方法でした。 いわゆる仮想フルスクリーンの手法です。OpenGL でもフルスクリーンのアプリケーションは同様の手順で作るので、特に違和感はありませんでした。 ただ、DirectX9 時には専用のフルスクリーン設定がありましたし、9.0c 以降では DXGI...
プログラミング

Git LFS について(オブジェクトとロック)

以前に 「Git LFS を使ってみる」という記事を書いたのですが、現在のものと少し合わなくなってきている感じがしたので書き直しました。 Git LFS が出始めの頃と比較すると利用できる環境は格段に増えています。 Git LFS について 出始めの頃は別パッケージとしてインストールが必要でしたが、現在は Git for Windows の中に含まれています...
タイトルとURLをコピーしました