プログラミング

Git LFS について(オブジェクトとロック)

以前に 「Git LFS を使ってみる」という記事を書いたのですが、現在のものと少し合わなくなってきている感じがしたので書き直しました。 Git LFS が出始めの頃と比較すると利用できる環境は格段に増えています。 Git LFS について 出始めの頃は別パッケージとしてインストールが必要でしたが、現在は Git for Windows の中に含まれています...
OpenGL

OpenGL で描画先独立なブレンディング設定を使う

OpenGL でデュアルソースブレンディングを使うと、出力先カラーバッファが1つになってしまう!という話を聞いて、「1つのカラーバッファに2色出力し、ブレンド設定でさらに演算」という場面ってどのくらいあるのだろうと疑問に思いました。(おそらくデスティネーション色と処理したいのでしょうが)。 そんな中、Multiple Render Target (MRT)で...
日記

技術書典6の感想など

技術書典6に本を出す側で無事に参加出来たので、今回もその感想を残しておこうと思います。技術書典への頒布側での参加は2度目となります。 前回は、疲れと解放感から感想まとめまでが時間が掛かっていたのですが、今回は後処理で色々と作業をしていて遅れました。 頒布内容の紹介は別ページを参照ください。 やっぱり物理本はいい 今回も前回同様、物理的な本を出す、ということ...
PC環境設定

VisualStudio2019 オフラインインストール準備

Visual Studio 2019 が公開されました! とりあえずインストールをと思いつつも、今は時間がないのでオフラインインストール出来るように仕掛けてみました。 Visual Studio 2019 のインストーラーファイルを取得した後で、コマンドラインで、 "vs_professional.exe --layout D:\VS2019Ja -...
日記

技術書典6に向けて追い込み中です

今週の初めに告知したように、技術書典6へ参加してきます。 DirectX12 や Vulkan の入門書籍を今回は用意しました。 一緒に参加する相棒は3Dオーディオ入門という書籍を書き上げてくれました。 ・・・というより、みんな最後の締め間際の追い込み作業中です。 すらりんラボは技術書典6に参加します なかなかブログ更新出来ていない点がありますが、その...
DirectX

RDPでGraphicsAPIは実行出来るか実験

前回、RDP で OpenGL アプリを起動させる方法を考えましたが、そもそも他のグラフィックスAPIではどうなのか、気になってきたので調べてみました。 RDP で動作するか? OpenGL : 動作しない DirectX11 : 動作する DirectX12 : 動作する Vulkan : 動作する まさかの OpenGL だけが動作し...
OpenGL

リモートデスクトップで OpenGL アプリを操作したい

Windows のリモートデスクトップで OpenGL を使用したアプリケーションの起動は出来ないことは、経験上知っていたのですが、OpenGL アプリを起動した状態で、リモートデスクトップ接続すると問題なくアプリが使用できる、という話を聞きました。 RDP接続後にOpenGLアプリを起動したい 事前にOpenGLアプリを起動した状態で、他の端末から RDP...
DirectX

VisualStudio の HLSL テンプレートがおかしい その2

以前に、 VisualStudio の HLSL テンプレートがおかしい として、修正したシェーダー用のプロジェクトテンプレートですが、 Visual Studio 2017 の更新をしたら、また妙な状況になってしまったようです。 もしかすると、先の手作業の修正が引き金で新規にインストールした場合には、おかしな構造ながらも正常に動くのかもしれません。
DirectX

Visual Studio Graphics Debugger の終了

Windows 10 October 2018 Update (1809) で、 Visual Studio 2017 の Graphics Debugger が正常に動かなくなりました。最近は Vulkan を勉強していることが多く、 VS の Graphics Debugger は使っていませんでした。再び D3D12 の勉強を再開した今日、この問題を発...
日記

読書

年末年始には久しぶりに本を買いました。 まだざっとしか読んではいないのですがアタリでした。 近年はゲームエンジンがゲーム作成(プログラミング)の主流となりつつあるので、C++で組んでいく方は随分と敷居が高いものになっている気がします。 そのせいもあってか、書籍の形で出版されることは無くなってしまったと思っていたので、出てきたことに嬉しく思い...
タイトルとURLをコピーしました