Vulkan

Vulkan

Raspberry Pi 4 で Vulkan を試す

Raspberry Pi 4 で Vulkan API を用いた描画が出来るようになったと聞いたので早速試してみました。試すまでの手順を説明します。 Raspberry Pi の準備 Raspberry Pi OS (32bit)をダウンロードして書き込みます。これについては手順は各所で語られているので割愛します。 ま...
DirectX

Vulkan でも IDXGISwapChain を使う

今回の記事は実験的なネタです。 DirectX では描画結果を画面に反映するのに IDXGISwapChain を使用します。一方 Vulkan では VkSwapchainKHR を生成して描画結果を画面に反映します。それぞれのAPIがそれぞれの SwapChain を使うように出来ているのですが、ここで敢えて Vulkan の描画結果を DirectX...
Vulkan

VK_LAYER_LUNARG_standard_validation は使用不可に

PC環境を一新したタイミングで、 Vulkan SDK を 1.2.135 に更新しました。これが今回出遭った事件の始まりでした。タイトルにもあるように VK_LAYER_LUNARG_standard_validation が使えなくなったのです。 リリースノートより引用 状況 こまめにSDKの更新をチェックして、リリースノートにも目を...
Vulkan

Vulkan での排他フルスクリーン

Vulkan でフルスクリーンアプリケーションを作ろうと思ったら、全画面のウィンドウを枠なしで作るという方法でした。 いわゆる仮想フルスクリーンの手法です。OpenGL でもフルスクリーンのアプリケーションは同様の手順で作るので、特に違和感はありませんでした。 ただ、DirectX9 時には専用のフルスクリーン設定がありましたし、9.0c 以降では DXGI...
Vulkan

Vulkan で Texture, Sampler の独立設定

Vulkan のコードにおいて、テクスチャを使用する際に、サンプラとテクスチャとをまとめている VK_DESCRIPTOR_TYPE_COMBINED_IMAGE_SAMPLER を設定する箇所がありました。 よく見かけるサンプルでは、 OpenGL でテクスチャを使用するのと同じ感覚で、 サンプラとテクスチャを1体にして使っていたりします。 ここで、他の設...
DirectX

NVIDIA Nsight Graphics を試す

NVIDIA Nsight といえば、 Visual Studio に統合されて、グラフィックス API 使用時のデバッグのお供として定番のものでした。これのスタンドアロン版、 Visual Studio に統合されないで単体で使用できるアプリケーションとして、「NVIDIA Nsight Graphics」が公開になりました。 今のところ、専用のドライバ...
DirectX

Vulkan, D3D11 InterOp

Vulkan 1.1 で クロスプロセス API の相互運用機能 が標準に含まれたようだったので、再び Vulkan と DirectX11 (D3D11) の相互運用にチャレンジしてみました。 使用した拡張名としては以下のものになります。 VK_KHR_external_memory_capabilities VK_KHR_external_...
Vulkan

Vulkan 1.1 が発表された

Vulkan といえば 1.0 のバージョンのまま、マイナーバージョンアップを黙々と続けているものでしたが、今回 1.1 の発表となりました。実情としては 1.0.70 ≒ 1.1.70 みたいな感じで、 1.1.0 からの再スタートというナンバリングではないようです。 この記事を書いている時点においては、少々出遅れしたためか、既に Windows の V...
OpenGL

EXT_external_objects の実験

OpenGL 4.6 の発表の中で、各Graphics API との Interop の話がありました。 ここで、EXT_external_objects 拡張 (スライドでは EXT_memory_object となっていましたが) が、面白そうだったので触ってみました。 ただしこの内容は OpenGL 4.6 に含まれるものではなく、追加という位置付...
OpenGL

Vulkan から OpenGL へ描画

Vulkan で描画した結果を OpenGL の世界で使用することができます。 これには NVIDIA 拡張を使用するので、現時点においては NVIDIA のグラフィックスボードを使用していることが条件になります。 今回のこの拡張の名前は、 GL_NV_draw_vulkan_image というもので、将来的に他のメーカーも対応するようになればいいなと思...
タイトルとURLをコピーしました