OpenGL

OpenGL

OpenGL で描画先独立なブレンディング設定を使う

OpenGL でデュアルソースブレンディングを使うと、出力先カラーバッファが1つになってしまう!という話を聞いて、「1つのカラーバッファに2色出力し、ブレンド設定でさらに演算」という場面ってどのくらいあるのだろうと疑問に思いました。(おそらくデスティネーション色と処理したいのでしょうが)。 そんな中、Multiple Render Target (MRT)で...
DirectX

RDPでGraphicsAPIは実行出来るか実験

前回、RDP で OpenGL アプリを起動させる方法を考えましたが、そもそも他のグラフィックスAPIではどうなのか、気になってきたので調べてみました。 RDP で動作するか? OpenGL : 動作しない DirectX11 : 動作する DirectX12 : 動作する Vulkan : 動作する まさかの OpenGL だけが動作し...
OpenGL

リモートデスクトップで OpenGL アプリを操作したい

Windows のリモートデスクトップで OpenGL を使用したアプリケーションの起動は出来ないことは、経験上知っていたのですが、OpenGL アプリを起動した状態で、リモートデスクトップ接続すると問題なくアプリが使用できる、という話を聞きました。 RDP接続後にOpenGLアプリを起動したい 事前にOpenGLアプリを起動した状態で、他の端末から RDP...
DirectX

NVIDIA Nsight Graphics を試す

NVIDIA Nsight といえば、 Visual Studio に統合されて、グラフィックス API 使用時のデバッグのお供として定番のものでした。これのスタンドアロン版、 Visual Studio に統合されないで単体で使用できるアプリケーションとして、「NVIDIA Nsight Graphics」が公開になりました。 今のところ、専用のドライバ...
OpenGL

EXT_external_objects の実験

OpenGL 4.6 の発表の中で、各Graphics API との Interop の話がありました。 ここで、EXT_external_objects 拡張 (スライドでは EXT_memory_object となっていましたが) が、面白そうだったので触ってみました。 ただしこの内容は OpenGL 4.6 に含まれるものではなく、追加という位置付...
OpenGL

Vulkan から OpenGL へ描画

Vulkan で描画した結果を OpenGL の世界で使用することができます。 これには NVIDIA 拡張を使用するので、現時点においては NVIDIA のグラフィックスボードを使用していることが条件になります。 今回のこの拡張の名前は、 GL_NV_draw_vulkan_image というもので、将来的に他のメーカーも対応するようになればいいなと思...
OpenGL

OpenGL 4.6 発表!

2017年の SIGGRAPH で OpenGL バージョン 4.6 が公開となりました。 Vulkan が登場して、 OpenGL もバージョンアップを続けるとといわれても不安なところでしたが、ちゃんと出ました。 今回の目玉と個人的に思っているのは、 SPIR-V 関連が標準サポートに入ってことですね。これで事前コンパイル済みシェーダーを OpenGL...
OpenGL

Nexus5X を Android 7.1.1

Nexus5X の端末に Android 7.1.1 の OS が配信されてきたので更新してみました。 Android 6.0.1 からの更新となり、 7.0 を飛ばしてしまった感じになりました。 更新結果 動作そのものが重くなるかなと思いましたが、逆にレスポンス良く動くようになった気がします。 そして OpenGL ES 3.2 のコンテキス...
OpenGL

ドッキングウィンドウ on WPF での OpenGLView

前回の延長戦で、ドッキングウィンドウとの組み合わせを試してみました。 ドッキングウィンドウには AvalonDock (WPF Extended Toolkit 付属) を用いています。 はじめに AvalonDock でドッキング可能なドキュメントとして、前回の カスタム版 D3D11Image を貼り付けています。 ここに OpenGL の描画をはめ込む...
OpenGL

WPF で OpenGL の描画はめ込み

WPF アプリで OpenGL の描画結果をはめ込めたらいいなと思ってトライしてみることにしました。 WPF は DirectX9 で動いているため、またアプリ全体で1つのウィンドウハンドルとなっているため、従来の C# フォームアプリのように特定の部分だけ描画を任せるというようなことが難しくなっています。
タイトルとURLをコピーしました