サーバー構築

vmware

ESXi 6.0u2 へのアップグレード

前回の続きになりますが、ESXi 5.5 から 6.0 系への更新を進めてみました。 ssh でつないでコンソールからアップデートを適用しました。5.5 の段階でいれた Network のドライバが消えてしまうかとヒヤヒヤしながら作業しましたが、再起動後も問題なく認識されたままでした。消えてしまった事例も見つかるので、sshでつないで esxcli 経...
vmware

ESXi 4.1 から 6.0 系への更新を試みる

ESXi 4.1 が安定して稼働していたのですが、今となっては古くなってしまったので、 vSphere Client がなくても Web から操作できるようになったという ESXi 6.0 Update2 への更新を決断しました。 今回の内容は実はそこまで到達するまでに苦戦した道のりの記録です。同じようにアップデートに苦しむ人(苦しんだ人?)の助けに...
サーバー構築

git-fat を使ってみる

git-media の状態がまずかったので、似たようなソリューションを探してみたところ git-fat というものが見つかりました。これは git-media からフォークして作成したもののようです。言語が Ruby から Python へと変化していましたが。  今回は Windows 環境にてこの git-fat をインストールして動作を確認するところ...
サーバー構築

git-media を使えるようにしてみた

オリジナルの git-media には以前に確認したような不具合が Windows 上で発生するため、そのままではバイナリが破壊されてしまうため使用に耐えませんでした。 今回 git-media を fork して、この問題を修正してみました。原因は簡単なことで改行コード変換がバイナリ取り出し時の処理に挟まってしまうことでした。 自分が修正した gi...
サーバー構築

git-annex を Windowsにて実験してみた

Git LFS が進んでいるようですが、 git-annex を実験してみました。git-annex はまだ Windows の環境でベータ扱いのようですが…。あまり日本語の記事もなく、手探りで色々と試してみましたが、以下の内容は間違っている可能性があるのでご注意ください。 公式サイトのほうからは Windows のインストーラーが公開されています...
サーバー構築

git-media を使ってみる (3)

git-media を使ってみてちょっと妙な現象に出遭いました。 結論から言えば、コミット済みの未編集なバイナリファイルが変化してしまっているという状態です。 これについて、何が起こってしまったのかをちょっと調査してみた話を以下に記録しておきます。
サーバー構築

git-media を使ってみる (2)

前回 git-media をインストールして動作をちょっと確認するところまで説明しました。 今回は以前に説明できなかった部分を見ていこうと思います。 git media sync について 巨大ファイルのハッシュから実体や、そもそも管理場所に送信する機能として git media sync を手作業で実行していました。 それは以下のような設定をし...
サーバー構築

git-media を使ってみる

git-media をインストールして使ってみます。Windows 環境にインストールして使っている事例がなかったのでちょっと手間取りました。 git-mediaとは git-media とは巨大なバイナリファイルの扱いが苦手とされる git の拡張として作られたプラグインです。巨大なファイルにおいて、通常の git リポジトリに対してはファイルのハ...
サーバー構築

Gitlab (7.13.1) のその他の項目確認

メールサーバーの設定 新規にローカルのユーザーを作成した際にはメールで通知がいくようで、それがないとそのユーザーはパスワードを設定できないようです。 そのためにもメールサーバーの設定は済ませておく必要がありそうです。 これもまた /etc/gitlab/gitlab.rb ファイルに設定があるので適当なエディタで開きます。すると以下のような行が見つ...
サーバー構築

Gitlab (7.13.1) でユーザー認証に LDAP を使う

タイトルの通りですが、認証に LDAP というか Active Directory を使えるかどうかを試してみました。Enterprise Edition だと間違いなく LDAP の機能を備えているのですが、 Community Edition でもこの機能が使えるかどうかがとても気になりました。 LDAPを使うように設定する WebUI ...
タイトルとURLをコピーしました