サーバー構築

サーバー構築

Raspberry Pi で L3 スイッチを作成する

以前に VMware ESxi と VyOS を用いて3つのネットワークセグメントを接続することをやりました。今回はこれを Raspberry PI を用いて実現できないかを実験しました。 準備 前回同様、都合により3つのネットワークセグメントからのパケットはタグポートで出ているものを使用することにします。このスイッチは、 NETGEAR の GS108Ev...
サーバー構築

複数セグメントを接続するルーターの作成 後編

前回はネットワークの構成や VyOS の初期セットアップの話でした。後半戦となる今回は、この VyOS に設定を行っていき、3セグメントの接続を実現していきます。
サーバー構築

複数セグメントを接続するルーターの作成 前編

実験環境で、3つの異なる LAN セグメントを接続するルーター(L3スイッチ)が必要になり、これを準備した記録です。 通常のブロードバンドルーターを複数使えばできるかなと思ったのですが、予想外の結果でした。結論としては VyOS を使用して自分で設定する!というところになりました。 ブロードバンドルーターの組合せ 一般用のブロードバンドルーター...
サーバー構築

安価なタグVLANスイッチ

GS108Ev2 と GS108Ev3 が手元に揃いました。 VLAN が安価にくめるという点でこのハブは素晴らしいのですが・・・。 紹介 GS108Ev2 (GS108E-100JPS)、このハブは機能が豊富で特に VLAN ができる点がポイント高いです。そこでもう1つ買い増ししておこうと思って購入したら GS108Ev3 (GS108E-300JPS) ...
サーバー構築

CentOS 7 に coturn をインストールしてみた

オープンソースの STUN/TURN サーバーを導入してみました。 ターゲットは CentOS 7 を想定しています。 NAT 越えのための STUN サーバーを NAT 配下に設置できそうなパラメータも紹介します。
Hyper-V

Windows Server 2016 で RemoteFX GPU の実験

Windows Server 2016 で個人的に魅力的に感じている RemoteFX 仮想 GPU について実験してみました。 Windows Server 2016側の準備 Hyper-V の役割だけでなく、リモートデスクトップ仮想化ホスト の役割もインストールして RemoteFX を使えるようにします。 今回の環境では Intel HD G...
Hyper-V

Windows Server 2016 のUSBメモリからインストールとWindowsコンテナの実験

Windows Server 2016 には興味深い機能があったので検証してみたいところでした。 MSDN でも入手可能になったので早速インストールを試みたわけですが、そのときの記録です。 (早速といってますが、実は10月半ばには入手可能になっていた模様。 MSDNで見当たらなかったので落胆していましたが、確認したタイミングの問題でしょうか)
サーバー構築

Gitlab-CE 8.10 を日本語化してセットアップ

Gitlab-CE 8.10 をできる限り日本語化してセットアップしてみました。 せっかくなので CentOS7 の Minimal からスタートしてみます。
vmware

ESXi 6.0u2 にしたので Host Client

ESXi 6.0 update2 にした理由の1つには実は Host Client が導入されたからというのがありました。無事に ESXi を更新できたのでこれを確認してみました。 アクセス Chrome で ESXi のホストにアクセスしてみました。よく見慣れたページですがよくよく見ると、 Host Client のリンクが追加されていました。 ...
vmware

ESXi 6.0u2 更新のその後

危惧していたネットワークの問題も解消されて うまく 6.0 update2 に更新できたので、さらにその後のパッチ適用と気になっていた点の解消などやってました。 昔のデータストアから VM らをインポートしたりして環境復帰できたらこの作業の旅も終わりです。 (Update) とかいう表示 esxcli software profile ge...
タイトルとURLをコピーしました