Vulkan 1.2 の発表

2020/01/15 に Vulkan API も 1.2 のバージョンが発表されました。そして既に対応するドライバも公開が始まっています。このバージョン1.2では、何が変わったのかを記録しておきます(自分なりの解釈も入っているので、間違っていたらすみません)。

タイムラインセマフォ

大きな機能追加だと思います。今まで VkFence と VkSemaphore で処理していた同期が、このタイムラインセマフォでなんとかなりそうです。これは64ビット整数値を単純増加するタイプの同期プリミティブです。

詳しくは次のURLで解説があるのでそれをみるのをオススメします。

https://www.khronos.org/blog/vulkan-timeline-semaphores

これをみると、フェンスとセマフォで頑張って同期していた色々なものを、簡単に実装出来るようになりそうです。マルチスレッドの複雑さを下げる効果もありそうに感じます。

HLSL のサポート

Vulkan のシェーダー記述言語と言えば GLSL でした。HLSLから SPIR-V にコンパイル出来る話も聞いていましたが、これがとうとう公式の機能として含まれるようですね。シェーダーのコンパイラが glslang と DXC の2種類が標準となりそうな感じです。

Vulkan
すらりんをフォローする
すらりん日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました