OpenGL

OpenGL

PVRTC2の圧縮ノイズを調べてみた

今回は PVRTC2 の圧縮について、どのくらいの劣化が起こるのかを調べてみました。 PVRTC2 って有名なようでイマイチな感じで、これを検索キーワードにしても PVRTC1 の 2BPP モードがヒットする感じです。 PVRTC-I, PVRTC-II という表記の方がいいのかもしれませんが、 imgtec のブログでは PVRTC, PVRTC2 とい...
DirectX

BC7の圧縮ノイズについて調べてみた

優秀だという BC7 圧縮の品質がどんなものか調べてみました。 そのためにはそこそこの品質以上の画像データが必要だったので友人に協力してもらい画像を使わせてもらっています。 この場を借りてお礼申し上げます。 BC7への圧縮については Codeplex からダウンロードできる Microsoft の TexConv を使用しています。この最高品質とな...
OpenGL

OpenGLでBC7テクスチャ圧縮を使う

今回は今までにやっていそうでやっていなかった OpenGL で圧縮テクスチャを使用する方法です。 基本的には、定番のDXT1,DXT3,DXT5 などの形式をロードする方法と全く同じなのですが、意外と誰もBC6H, BC7 で書いていなかったため、情報として残しておこうと思った次第です。 BC7テクスチャ圧縮について 詳しいことは他のサイトにお任せ...
DirectX

DirectX9 on Windows 7 でメモリの消費調査

今回は DirectX 9.0 を用いた場合ではどんな感じになるのかを調べてみました。環境は Windows 7 (x64) です。また DirectX 9.0 と表記していますが、実際のところは DirectX 9.0 EX のことを指すものとします。 Windows XP までの頃は VRAM の仮想化というものがなく、デバイスロスト発生のためのケ...
OpenGL

OpenGLでOut of memory とメモリの関係 (AMD)

今まで NVIDIA のもので調べていたので今回は同じプログラムを AMD Radeon 5450 を使ってデータ取得してみました。 Windows 7 x64 (2GB) AMD Radeon HD 5450 (1GB) ドライバは Catalyst Omega 14.12 プログラムは OpenGL を用いて 32MB 単位で頂点...
OpenGL

OpenGL @NVIDIAでのメモリ調査

NVIDIA Geforce で OpenGL を使った場合のシステムメモリの消費について調べてみましたが、サイズ可変でどのくらい消費量が変わるのか、というものでした。また API 実行の各タイミングで計測したのみで、時間経過を考慮していませんでした。 今回はサイズは固定し、 100 フレームに 1 回頂点バッファを確保して描画するという方法を試してみ...
OpenGL

OpenGLでOut of memory とメモリの関係

細かな単位で OpenGL の頂点バッファをたくさん確保していたらこんなエラーに出会いました。ちなみにプログラムの実行タイミング次第では OpenGL で OUT_OF_MEMORY のエラー状態がちゃんと返りました。エラー返す前に異常系に落ちたという感じでしょうか。 この症状が出るまでの様子を、使用システムメモリ、使用VRAM量、使用中の共有ビデ...
OpenGL

OpenGL API とメモリの消費について NVIDIA特別編

どうにも NVIDIA のメモリ消費について、メモリ消費しすぎな感じがあったので追加調査してみることにしました。 32MB VBOの場合(前回の結果) 状態メモリ(MB)Dedicate(MB)共有メモリ(MB) 初期化終了後999.83613 元データ準備1031.73613 glBufferData実行後1114.76832 元デ...
OpenGL

OpenGL API とメモリの消費について AMD限定編

前回は NVIDIA, AMD と両者での差異を見るために同じコードで実験しました。今回は AMD ならではの OpenGL 拡張を用いてどう変化が起こるかを見てみたいと思います。 AMD_pinned_memory 拡張に AMD_pinned_memory というものがあります。これは GPU から物理メモリへのアクセスをさせるという拡張です...
OpenGL

OpenGL API とメモリの消費について

使用中 VRAM の計測ができるようになったので、 OpenGL API を使ったときにどのようにメモリが使われていくのかを調べてみました。特に OpenGL の場合にはブラックボックス化された何かという印象が強く、暗黙に消費部分が多いのでは?と感じているためです。この記事エントリ読んでいる方も、そんな風に感じていたりするかもしれません。 環境 ...
タイトルとURLをコピーしました