Vista SP2でHyperV管理ツールを

基本的に参考にしたのは http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/1106hvremote/hvremote.html のページです。
しかし、VistaSP2ではこのままではいくつかうまくいかなかったので、多少試行錯誤しています。

VistaSP2(x64)にHyper-V管理ツールを入れる

KB952627を下記の英語のフォーラムのなかにあったURLからインストール。
日本語のKBではだめでした。古いのかもしれない。

http://social.technet.microsoft.com/Forums/en-US/winserverhyperv/thread/8a0131f0-3663-423f-9afb-66d458274e7e

HVRemoteスクリプトを取得

今回Hyper-Vを動かすサーバーはドメイン不参加マシンのため、ワークグループで作業することに。
そのためには色々と準備が必要です。

まず、次の場所から設定スクリプトをダウンロードしておきます。
http://code.msdn.microsoft.com/HVRemote

サーバーとクライアント両方に必要です。
ダウンロードした後は、C:Windowsなどにコピーして使います。
また、管理者としてのコマンドプロンプトで下記のコマンドを実行しておきます。

cscript //h:cscript

サーバーで作業

コマンドプロンプトで実行します。

HVRemote /add:server01hvmanagement

server01がマシン名、hvmanagementが管理権限を持つユーザー名とします。

クライアントで作業

HVRemote /mmc:enable
HVRemote /AnonDCOM:grant

もし、クライアント側で使っているユーザーと、サーバーでの管理ユーザーが別物で、
普段クライアント側で使っているユーザーで管理作業したい場合には、
“別のユーザー資格情報でログインする”を利用しておくとよいらしい。

cmdkey /add:server01 /user:hvmanagement /pass

ここでパスワードも入力して、クライアント側でデータを保持しておく。

ここまで実行できたら、Vista(SP2)上に追加されたHyper-Vマネージャを起動して
接続できることを確認してみる。

ファイアウォールの再設定

・・・接続できない。
結果としてはファイアウォールで阻まれているところまで突き止めたもののどれが原因なのか不明。
全ファイアウォールをOFFにすれば動くものの、いくら内部ネットワークとはいえやりたくはない。

とりあえずWindowsファイル共有のポートを許可するようにしたところ、やっと動き出した。
あまりこれもあけたくはなかったが仕方ないのかも。。。

  • ファイルとプリンターの共有=>プライベートネットワークにのみチェックを入れる

[追記]
それでもマシンを構成直後でやはりエラー。うーん、なかなかうまくいかない。


VMwareの仮装マシンでMACアドレスを指定する

ゲストOSの構成ファイルを開き、以下の行を削除します。
ethernet[n].generatedAddress
ethernet[n].addressType
ethernet[n].generatedAddressOffset

そして、設定したいアドレスを次のように書く。

ethernet[n].addressType=”static”
ethernet[n].address=”xx:xx:xx:xx:xx:xx”

ずっと、generateAddressの中身を書き換えて、うまくいかないなーと思っていたら、
3行全部削除必要だったというわけです。
1つでも残ると毎回生成されてしまって、何度もやりなおしました。

あとは、addressType=”static”これも必要でした。


あけおめことよろ

2010年 あけましておめでとうございます。

2009年は環境が色々と変わったし、仕事もプライベートもホントに忙しい年でした。
今年はすこしゆっくりした1年になったらなーと思います。

そんな中初詣は明治神宮にチャレンジしてくる予定です。

やりたいことリスト

  • Windows7入れる
  • GeForce9800か9600かかいたい・・・。

紅白見てたけど、水樹奈々の出番がホント少なくて残念。
深愛もっと長くやってほしかったな。


仮想プリンタ機能

VMwarePlayer 3.0の機能として
仮想プリンタ機能があり、これを試してみる機会に出くわしたので
ちょっと記録しておこうと思います。

うちの環境では、ネットワークプリンタが存在するのですが、
それに印刷できるのか、ちょっと心配でした。

結果は正常に印刷できたため、便利な機能だなというところです。
印刷結果にこだわらずに印刷できればいいという局面ならば全く問題なしです。

気になった点は次の箇所

  • 普通紙に印刷して、筋が見える。
    • ホスト環境だと問題がないので、ゲストからホスト経由している点で問題なのか.
  • CDR印刷とかは使えない。
  • 解像度の設定とかがよくわからない
    • 品質設定が色々と出来るのだが、どのようにやってみても前述の筋は消せなかった。

とまぁ、うちの場合ネットワークプリンタだから、
ゲスト環境をネットワーク上から認識できる形にしてあげて、ドライバ入れれば問題もないんですけどね。
今回試してみた環境は完全にクローズドな状況なので、手段がなかったわけですが。

割引クーポン印刷するだけなら、十分に使える機能です。
別PCから印刷しなきゃとかやらなくてすむ!
(Vista x64で旧プリンタとかだとこうなっちゃったりしていたんですが)


SBS2003R2続き

サーバー自身から自分のcompanywebアドレスに繋がらない件をやっと修正することが出来た。
そもそもこの症状は、2003R2の状態から、WindowsUpdateを適用すると起こるようだ。

  • InternetExplorer6累積セキュリティパッチ

を適用した時点で発現した。

これを回避する方法を探し回ったあげく、先日のKB961143とか適用という部分に行き着いたのだが、
そのパッチを当てることすら出来なかった。

今回、やっと回避することが出来たので、その方法をここにもきちんと書いておこうと思う。

方法

レジストリエディタを使用する。

HKLMSYSTEMCurrentControlSetLsa
の部分に、新規のDWORDキーを作成する。
キー名:DisableLoopbackCheck
値:1
でキーを作成および設定ののち、再起動する。

これで自身のIEからcompanywebに接続できるようになった。

参考にしたMSの文献は、これである。
http://support.microsoft.com/kb/896861/ja


SBS2008

ちょっと浮気して、SmallBusinessServer2008のほうをチャレンジしてみた。

してみようとした。

結果は散々で、インストールを完了させられず状態です。

理由は、

  • 仮想マシンが止まる(止まっているっぽい)VMwarePlayer 3.0
  • 仮想マシンで起動できない.インストーラー立ち上がる前にこのCPUではサポートしていない旨のメッセージがでる
    • VirtualBox 3.0にて

という状況で。

じゃ実際のハードウェアにインストールしてみてはどうだろうということで試してみたものの、
メモリ要求水準を満たしていないとのことで、正常にインストールを完了できず。

この結果から、仮想マシンでもおそらくメモリ不足によるインストール未完了だったんじゃないかと。

最低で、3GBのメモリを要求するらしい。
また、Exchangeを使用している状況では、6GBまで使用されていることがあるんだとか。
つまり、なんとかして3G割り当てられたとしても、スラッシングが起こってレスポンス低下という。
本番でつかうなら、6GBは物理メモリが必要なのかもしれないなぁ。

Exchangeを触ってみたいのは相変わらずなので、SBS2003で調査を再開することにします。


今更SBS2003R2

Windows Small Business Server 2003R2

今更なんですが、SBS2003R2インストールして試してみてます。
ちょっとExchangeServerを触ってみたくなったのと、
SharepointServiceもどのようなものであるかを触ってみたかったからです。

インストールするまでは難しくないんだけど、
インストールして設定となると途端に難しい。
デフォルトで入っていたSharepointService2.0は動いていたけど、
あくまで動いていただけ。
とりあえず、3.0に更新しようとしても色々とはまる。

結果、3.0にあげられたけど、
なぜかサーバー自身から companywebにアクセスできない。
ユーザー名とか入れても、正常にログインできない状態に。

ちなみに他のPCからだとログインできるし、謎です。
KB961143を適用するとこの問題が解決できるとなっているのだけど、
現在そのKBが見あたらず・・・。

もうしばらくはSBS2003R2に悩まされそうです。


adiaryにこんな機能ほしいなぁ

adiary

マルチユーザーモードの日記帳で、
全ユーザーの日記を横断するような検索って実装されないですかねぇ?

あるいは、日記が更新されるたびに、
どこか適当な場所に htmlが吐かれるとか…。
そうしたらnamazuつかってそれを検索かけることもできるし。

と、ちょっと考え中。機能追加されたらいいな♪

Redmine運用サーバーが重い

仮想サーバーとしてたてて、そこでredmineいれてるのですが、
やけに重い・・・。

SVNのコミットフック使って活動内容の更新を変更するようにして、
リポジトリの自動取得をOFFにしているのに、まだ。。。

色々と情報をあさった結果、
Apacheの設定を見直してみるとよいとのこと。

そこで KeepAline設定を見ると Offになっていた!
これをOnにして症状を見ると軽くなったように思う。

しばらくはこれで運用予定~


今日のトラブル

原因不明。IDIRECT3DDEVICE9のSetVertexShaderConstantF関数で設定した値が、シェーダーに送られてない。
一方で、D3DXのID3DXCONSTANTTABLEで設定すると値はきちんと送られている。

なぜだー。

これのせいで数時間もアルゴリズムの方が間違っているのかと悩んでた。

現在ダウンサンプリングを勉強中


RedmineでSVNリポジトリとの同期

先日、cronを利用してRedmineの活動カテゴリで
ソースコードのコミット履歴もある程度のタイミングで反映されるようにしてましたが、
Subversionなら別の方法も採れるのでは?と試してみました。Subversionのサーバー側でのフックスクリプトを使用します。
post-commitスクリプトで、

/usr/bin/ruby /redmine/script/runner “Repository.fetch_changesets” -e
production

これでコミット直後でRedmine側が更新されるので、
なかなかいいんじゃないでしょうか。