Vulkan Programming Series

マルチプラットフォームで使える Vulkan のプログラミング入門シリーズの書籍です。
Vulkan は 2016 年に正式仕様がリリースされましたが、プログラミングを始めるに至っては情報が整備されておらず、なかなか難しい状況であります。

本シリーズは、何かしらの3Dプログラミングはやったことのある人を前提として、 Vulkan プログラミングを始めるためのものです。これらは「技術書オンリーイベント」である技術書典に向けて、執筆したものです。

Vulkan Programming Vol.1

目次

全 113 ページ

  • 第1章 はじめに
  • 第2章 Vulkan 概要
  • 第3章 セットアップ
  • 第4章 初期化
  • 第5章 画面をクリアする
  • 第6章 リソース
  • 第7章 Descriptor と PipelineLayout
  • 第8章 シェーダーの基礎
  • 第9章 レンダリングパイプライン
  • 第10章 シンプルな三角形の描画
  • 第11章 テクスチャの作成
  • 第12章 テクスチャ付きキューブを描画
  • 第13章 3Dモデルを描画
  • 第14章 デバッグ

表紙

Vulkan Programming Vol.1 表紙

購入先

BOOTH にて取り扱っています。
https://slash-labo.booth.pm/items/1286100

Vulkan Programming Vol.1 は技術書典6にて初頒布でした。

ページ抜粋(サンプル)

Vulkan Programming Vol.2

目次

全117ページ

  • 第1章 はじめに
  • 第2章 セットアップ
  • 第3章 HDR10ディスプレイへの表⽰
  • 第4章 可変ウィンドウとフルスクリーン
  • 第5章 ImGuiを組み込む
  • 第6章 インスタンシング描画
  • 第7章 テクスチャレンダリング
  • 第8章 ポストエフェクト
  • 第9章 Resource State と Pipeline Barrier
  • 第10章 セカンダリコマンドバッファ
  • 第11章 キャラクターモデルを描画する
  • 第12章 VMDアニメーション再⽣
  • 第13章 マルチサンプルアンチエイリアス

表紙

Vulkan Programming Vol.2

購入先

BOOTH にて取り扱っています。
https://slash-labo.booth.pm/items/1572740

Vulkan Programming Vol.2 は技術書典7にて初頒布でした。

ページ抜粋(サンプル)

プログラム結果(サンプル)

Vol.2 では次のようなプログラムを作れるところまでを説明します。

タイトルとURLをコピーしました