C# から使う Vulkan 入門


スポンサーリンク

はじめに

ここでは C# による Vulkan 入門を取り扱っていきます。
Vulkan は C/C++ から利用する場面がほとんどですが、 C# からも利用可能であれば使いたい場面はあるかと思います。

ここではそのために用意した SharpVulkan コンポーネント、SharpVulkanWPF コントロールを用いて、WPF アプリケーションとして C# からの Vukan 描画を使ったアプリケーションの作り方や例を紹介していきます。

vulkan

目次

チュートリアル

  1. SharpVulkan の導入・環境セットアップ
  2. SharpVulkanWPF でウィンドウ画面のクリア
  3. SharpVulkanWPF で初めての三角形描画
  4. SharpVulkanWPF で三角形を回転させる
  5. SharpVulkanWPF 初めてのテクスチャ
  6. SharpVulkanWPF 立方体を表示する

これらのサンプルはリポジトリ(https://github.com/techlabxe/VulkanSharpTutorial) でも公開しています。すぐ試してみたい方のために NuGet パッケージを用意するかもしれません (計画中)。

サンプル

現在準備中

免責事項

本ページ以下で公開している当サイトのプログラムのソースコードはご自由に使用してかまいません。サンプルプログラムで使用しているライブラリについては、個々の使用条件を守るようお願いいたします。
ただし、公開しておりますプログラムを利用したことによるトラブルや一切の不具合について、当方は責任を負いません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする