2019年05月一覧

OpenGL で描画先独立なブレンディング設定を使う

OpenGL でデュアルソースブレンディングを使うと、出力先カラーバッファが1つになってしまう!という話を聞いて、「1つのカラーバッファに2色出力し、ブレンド設定でさらに演算」という場面ってどのくらいあるのだろうと疑問に思いました。(おそらくデスティネーション色と処理したいのでしょうが)。
そんな中、Multiple Render Target (MRT)で、各カラーバッファのブレンディング設定は独立に出来たはず、と思うことがあったので使い方を確認してみました。
ちなみに、DirectX11 ではカラーバッファのブレンディング設定の独立(個別)は簡単にできます。D3D11_BLEND_DESC構造体を見るとすぐに分かります。

結果としては、 OpenGL でもこのようにブレンディング設定を変えて描画できます。

続きを読む