2019年01月一覧

VisualStudio の HLSL テンプレートがおかしい その2

以前に、 VisualStudio の HLSL テンプレートがおかしい として、修正したシェーダー用のプロジェクトテンプレートですが、 Visual Studio 2017 の更新をしたら、また妙な状況になってしまったようです。
もしかすると、先の手作業の修正が引き金で新規にインストールした場合には、おかしな構造ながらも正常に動くのかもしれません。

続きを読む


Visual Studio Graphics Debugger の終了

Windows 10 October 2018 Update (1809) で、 Visual Studio 2017 の Graphics Debugger が正常に動かなくなりました。最近は Vulkan を勉強していることが多く、 VS の Graphics Debugger は使っていませんでした。再び D3D12 の勉強を再開した今日、この問題を発見しました。

最初は、今の D3D12 のために、色々と新しいインターフェースを使ったのが問題で失敗したのだろうと考えていたのですが、どうやらそうではないようです。
仕様として 1809 バージョンの上では VS 付属 Graphics Debugger は使えないということになったようです。

続きを読む


読書

年末年始には久しぶりに本を買いました。
まだざっとしか読んではいないのですがアタリでした。

近年はゲームエンジンがゲーム作成(プログラミング)の主流となりつつあるので、C++で組んでいく方は随分と敷居が高いものになっている気がします。
そのせいもあってか、書籍の形で出版されることは無くなってしまったと思っていたので、出てきたことに嬉しく思いました。
内容の方も十分で、これから勉強をするのにもよいなと思います。

1つ興味深い点としては、ゲームエンジンでよくあるコンポーネントシステム型のやり方で C++ にてエンジンをくみ上げていくのが面白いです。
昨年秋の技術書典では当サークルでは C++ を使っての、割とコンポーネントシステム型を意識したシステム作りの本も出していました。

C++で挑む 2Dアニメーションシステム制作演習 (BOOTHへの商品リンク)

ゲームプログラミングC++が人気のある書籍になってくれれば、まだまだC++でやれる!ということと、コンポーネントシステム型の開発は間違いではない(むしろアタリ)という自信にもなるので、期待しています。

そして積み本となったのが、ドラゴンクエストXを支える技術 です。一緒に買ったのですが、読む時間が取れずでした・・・。