日記一覧

技術書典6の感想など

技術書典6に本を出す側で無事に参加出来たので、今回もその感想を残しておこうと思います。技術書典への頒布側での参加は2度目となります。
前回は、疲れと解放感から感想まとめまでが時間が掛かっていたのですが、今回は後処理で色々と作業をしていて遅れました。

頒布内容の紹介は別ページを参照ください。

やっぱり物理本はいい

今回も前回同様、物理的な本を出す、ということを重要視していました。但し今回は電子版の用意をしてみることにしました。
物理本の印刷関連は前回体験したので、今回のチャレンジは電子版のダウンロードカードをどうするか、といったところでした。

サークル:すらりんラボが採った方法は以下の2つです。

  • 対面電書でのコード発行
  • BOOTHでのパスワードzipの配布

ここまで準備して挑んだのですが、電子版単体としては売れ行きは今ひとつでした。きっと技術書典という場所も関係しているのでしょう、圧倒的に物理本に人気がありました。
物理本が無くなってから、仕方なく電子版で妥協という方も居たのではないかと思います。

ダウンロードカードですが、安価な価格設定でバリアブル印刷可能なところを見つけるのが大変ですね。
シリアルコードを自分のプリンタでシールラベル印刷して、カードに貼る形式も最悪ケースで考えていましたが、色々と考えると BOOTH でのパスワード zip の配布が一番手軽だと思います。
手軽な方法が採れるということは、コストを抑えられるので物理本のオプションで電子版を付けられる!ということにも繋がります。今回バリアブル印刷でコストを掛けてしまったため、別料金を頂く形になってしまいました。これがさらに問題に繋がったわけですが・・・後ほど。

続きを読む


技術書典6に向けて追い込み中です

今週の初めに告知したように、技術書典6へ参加してきます。
DirectX12 や Vulkan の入門書籍を今回は用意しました。
一緒に参加する相棒は3Dオーディオ入門という書籍を書き上げてくれました。

・・・というより、みんな最後の締め間際の追い込み作業中です。

すらりんラボは技術書典6に参加します

なかなかブログ更新出来ていない点がありますが、その分これらの冊子に力を入れたので、是非見てもらえたらと思います。


読書

年末年始には久しぶりに本を買いました。
まだざっとしか読んではいないのですがアタリでした。

近年はゲームエンジンがゲーム作成(プログラミング)の主流となりつつあるので、C++で組んでいく方は随分と敷居が高いものになっている気がします。
そのせいもあってか、書籍の形で出版されることは無くなってしまったと思っていたので、出てきたことに嬉しく思いました。
内容の方も十分で、これから勉強をするのにもよいなと思います。

1つ興味深い点としては、ゲームエンジンでよくあるコンポーネントシステム型のやり方で C++ にてエンジンをくみ上げていくのが面白いです。
昨年秋の技術書典では当サークルでは C++ を使っての、割とコンポーネントシステム型を意識したシステム作りの本も出していました。

C++で挑む 2Dアニメーションシステム制作演習 (BOOTHへの商品リンク)

ゲームプログラミングC++が人気のある書籍になってくれれば、まだまだC++でやれる!ということと、コンポーネントシステム型の開発は間違いではない(むしろアタリ)という自信にもなるので、期待しています。

そして積み本となったのが、ドラゴンクエストXを支える技術 です。一緒に買ったのですが、読む時間が取れずでした・・・。


技術書典5分入庫完了

この間の技術書典5の冊子が、ようやく BOOTH の倉庫のほうに入庫完了状態となったようです。
これまでに注文してくれた方々、本当にありがとうございました。これからはお待たせせずに発送が出来るようになったと思います。

購入方法

Booth の以下のページにて購入できます。


(BOOTHへの商品リンク)

(BOOTHへの商品リンク)
DirectX9.0 EX 本。
単なる9.0ではなく ”Ex” 対応です。
C++14/17でラムダありです
自分のフレームワーク作りのお供に。
目次&サンプル 目次&サンプル

実物の見本誌を確認したい場合には、今だと Comic ZIN のほうで特集コーナーが設置されているようなのでそちらが利用可能です。

その他


技術書典5の感想など

今回初めて技術書典で本を出す側で参加出来たので、その感想などを残しておこうと思います。
終わった直後に書いておくのがよいのですが、慣れないこともあってか色々と疲れましたし&開放感を満喫していたのでここまで延びました・・・。

続きを読む



Nintendo Labo 第3弾出るらしい

Nintendo Labo が好調なのか、第3弾が出るようですね。
バラエティキットは買ってやってみましたが、なかなか楽しい感じでした。
昔懐かしの段ボール工作感がじっくり味わえたのと、ギミックが色々と入っていて「なるほどなぁ」と思うことが色々でした。

そんな Nintendo Labo ですが、第3弾がもう出るようです。予想以上に早かった・・・。
乗り物3種のようで、操縦している感が味わえるっぽいです。段ボールでどんな仕上がり、操作感になるのか楽しみなのでトライしてみようと思ってます。予約も開始されたようです。

バラエティキットもまだありますね。


IPv6 の本

IPv6 の書籍が昨年クラウドファンディングしていて、それに協力したのですが、先日忘れた頃にこれが届きました。たしか、昨年内に出すという目標だったと思いますが、半年ほどスリップした感じですね。
ただ現時点における仕様がちゃんと書かれているので、すごくいい書籍になっているんじゃないかと思っています。

で、 Amazon を覗いていたら、この書籍が並んでいました。まさか Amazon ですでに買えるようになっているとは驚きでした。

ほかの IPv6 書籍を読むよりはこれ1冊を読むのがいいんじゃないかというくらい内容が充実しているようです。以前に IPv6 を軽く勉強してみようと読んだときの情報は古くなっていて使えなかったりしていたので、この書籍で“今”に追いつけたらと思ってます。


インサイド Windows 第7版

ようやく、インサイド Windows 第7版 上 (日本語版)が出るようです。
先日、既刊の書籍がプレミア価格になっていましたが、これも終わりそうですね。

下巻のほうは、本体がまだのようなので未定となっているようです。

今回からは Windows10 世代の内容も含まれているようになったので、きちんと読んで把握しなおさないとなーと思っています。

ちなみに英語版(本家)はこちらに。英語版のほうであれば、現時点でも Kindle 版まで用意があるようですね。


今更ながらに Unity をインストール&入門した

世間では Unity を触っていない人の方が少なくなってきた感がある今日この頃ですが、自分もようやく PC に Unity 2017 をインストールしました。恥ずかしながら、全くといっていいほど触っていなかったのでまずは入門書を買ってきて、そこから始めることにしました。

続きを読む