Visual Studio Graphics Debugger の終了

Windows 10 October 2018 Update (1809) で、 Visual Studio 2017 の Graphics Debugger が正常に動かなくなりました。最近は Vulkan を勉強していることが多く、 VS の Graphics Debugger は使っていませんでした。再び D3D12 の勉強を再開した今日、この問題を発見しました。

最初は、今の D3D12 のために、色々と新しいインターフェースを使ったのが問題で失敗したのだろうと考えていたのですが、どうやらそうではないようです。
仕様として 1809 バージョンの上では VS 付属 Graphics Debugger は使えないということになったようです。

情報元: Visual studio DirectX graphics debugging tool can not working correctly on 1809

症状

実際に、デバッグ診断開始してフレームキャプチャを行い、そのキャプチャを開くと次のようなエラーが発生して調査を行うことができません。

対策

先の URL のほうにも書かれているように、新しくなった PIX for Windowsを使用するしかないようです。あるいは、 RenderDoc や、 NVIDIA Nsight Graphics とか、でしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする