「 Vulkan 」一覧

EXT_external_objects の実験


OpenGL 4.6 の発表の中で、各Graphics API との Interop の話がありました。
ここで、EXT_external_objects 拡張 (スライドでは EXT_memory_object となっていましたが) が、面白そうだったので触ってみました。
ただしこの内容は OpenGL 4.6 に含まれるものではなく、追加という位置付けとなっているようです。

説明など

この EXT_external_objects 拡張は、 OpenGL に他の API で作成されたオブジェクトを利用するためのものとなっているようです。
提供される API 群は、こちらの仕様の方を確認してください。

OpenGL にとっての外部メモリを利用して、OpenGL のリソースを生成する(インポートする)といった感じで、機能が準備されています。

続きを読む


Vulkan から OpenGL へ描画


Vulkan で描画した結果を OpenGL の世界で使用することができます。
これには NVIDIA 拡張を使用するので、現時点においては NVIDIA のグラフィックスボードを使用していることが条件になります。
今回のこの拡張の名前は、 GL_NV_draw_vulkan_image というもので、将来的に他のメーカーも対応するようになればいいなと思います。

何が出来るのか

GL_NV_draw_vulkan_image という拡張は何を行ってくれるのかというと、
Vulkan を使用して描画した結果を OpenGL の描画で使用するといったことを可能にしてくれます。
詳細には Vulkan の Image を用いて、 OpenGL のカレントのフレームバッファに対して矩形を描画します。
これにより Vulkan でオフスクリーンに描画した結果を (FBOを用いて) OpenGL のテクスチャにするといったこともできます。

API の仕様は、以下の URL にて記載があるので興味のある人はご確認ください。
NV_draw_vulkan_image

続きを読む


Vulkan へ DirectX11 テクスチャをインポート


世の中の多くの Windows 環境で安定して使えるグラフィックス API は DirectX11 や OpenGL といったところだと思います。
Vulkan API は新しい API のため、既存のライブラリやフレームワークではまだサポートされていなかったりします。そのような状況のためか、 NIVIDA の Vulkan Extension では、 Vulkan とその他 API でやりとりするための機能が用意されました。

また現時点においては、 Khronos の KHX 拡張としても整備が進みそうな気配です。NVIDIA だけでなくサポート範囲が広がってくれることに期待です。

続きを読む


SharpVulkan のTutorial を追加しました


SharpVulkan のチュートリアルページを書き足しました。

C# から使う Vulkan 入門
はじめに ここでは C# による Vulkan 入門を取り扱っていきます。 Vulkan は C/C++ から利用する場面がほとんどですが、 C# からも利用可能であれば使いたい場面はあるかと思います。 ここではそのために用意した...

ひとまずチュートリアル部分を一区切りです。これで SharpVulkan WPF を用いてのキューブの描画が Vulkan コントロールの中で行われるようになります。

この先の予定ですが、 SharpVulkan WPF のパフォーマンスに対して修正していく感じでしょうか。
また、SharpVulkan WPF コントロールを使わずに、でも WPF アプリケーションとして Vulkan API をたたいて描画するといったサンプルを先のページで紹介してみたりということを考えています。

まだ色々と不備が残っていますが、徐々につぶしていければと思います。
今回のチュートリアルを書き上げるまでにも 0.0.3 と初回公開時よりもバージョンが上がりました。


SharpVulkan ページ作りました


C# から Vulkan API をたたくためのラッパーコンポーネント SharpVulkan と、
C# WPF アプリケーションの中に、描画コントロールとして配置する SharpVulkanWPF コントロールを初回公開しました。

まだまだ安定しないですし、バグ大量でしょうがこれから頑張っていきたいと思います。
続きを読む




Vulkan と WPF


年末年始のタイミングで Vulkan を少し勉強してみました。個人的な印象では DirectX12 よりも難しい感触がありました。
しかしながら、発表からある程度の時間が経っており、情報も比較的多くあったため三角形を1枚出せるところまで到達できました。
既に先陣を切ってくれた人が情報を公開してくれていたのが大変参考になりました。

続きを読む


Ubuntu 16.04 で Vulkan を使う


以前には Ubuntu 14.x で Vulkan を試してみました。今は Ubuntu も 16.04 LTS が出てちょっと経ちましたので、これでやってみたいと思います。結論としては、従来よりも安定して導入・使用開始できそうな気配を感じています。

ubuntu-vulkan_vulkanscene

続きを読む


Ubuntu で Vulkan を試す (成功編)


ようやく Ubuntu で Vulkan のアプリケーション動作をさせてみることができたので、そこまでの方法をまとめておきます。若干強引な作業をしていたり、そもそもベータドライバだったりするので、試す際には自己責任でお願いします。

ubuntu-vulkan-sample-particle

以降の作業は Ubuntu 14.04.4 AMD64 版で、Geforce GTX 750 Ti が刺さっている環境の話でとなります。
また、Ubuntu はクリーンインストールした直後から始めている想定です。

この状態で nouveau ドライバがロードされているため、まずはこれを無効化します。
続きを読む