OpenGL一覧

NVIDIA Nsight Graphics を試す

NVIDIA Nsight といえば、 Visual Studio に統合されて、グラフィックス API 使用時のデバッグのお供として定番のものでした。これのスタンドアロン版、 Visual Studio に統合されないで単体で使用できるアプリケーションとして、「NVIDIA Nsight Graphics」が公開になりました。

今のところ、専用のドライバが必要になるみたいですが、ちょっと動作を確認してみたいと思います。

※ 少し前に Windows10 のドライバをダウンロードすると正常なものが取得できませんでしたが、現在は正常になっているようです

入手・セットアップ

現時点において NVIDIA の以下のページから入手が可能です。

このページからダウンロードページへのリンクがあります。ダウンロードには NVIDIA Developer のアカウントが必要になるようなので、持っていない場合には作成することが必要になります。そして、 Nshight Graphics 本体と、各自の環境に合わせたドライバをダウンロードします。

今のところ、 NVIDIA Geforce 600 番以降であれば対応しているようです。また 64 ビット Windows 7 or 10 の環境のみサポートしているようです。Windows 8系や 32 ビットあたりを打ち切っている辺り潔いです。デバッグ時にこれらの環境を使っていることは割と少ないと思いますが、ドライバのダウンロードの箇所には Win8 の文字があって対応していそうにも見えますが、注意が必要です。
続きを読む


WPF と OpenGL の空域問題への対処

WPF を使っていて厄介な問題の1つに空域の問題があります。特に DirectX や OpenGL, Vulkan といった HWND を使うものを扱って WPF の世界に持ち込むと遭遇します。他にも HWND を必要とする(従来型の)コントロールを配置すると出遭います。ブラウザのコントロールなどが該当するようです。

具体的には HWND を使用したコントロールを配置、ホストすると、その上には WPF のコントロールを配置できません。配置してエラーになるというわけで無く、 HWND のコントロールが最前面に来てしまうため見えない状態となってしまいます。

今までは、描画結果を D3DImage や Image など画像にしてしまって配置する方法を考えていましたが、もっと別の手段があるようだったので試してみることにしました。

続きを読む


EXT_external_objects の実験

OpenGL 4.6 の発表の中で、各Graphics API との Interop の話がありました。
ここで、EXT_external_objects 拡張 (スライドでは EXT_memory_object となっていましたが) が、面白そうだったので触ってみました。
ただしこの内容は OpenGL 4.6 に含まれるものではなく、追加という位置付けとなっているようです。

説明など

この EXT_external_objects 拡張は、 OpenGL に他の API で作成されたオブジェクトを利用するためのものとなっているようです。
提供される API 群は、こちらの仕様の方を確認してください。

OpenGL にとっての外部メモリを利用して、OpenGL のリソースを生成する(インポートする)といった感じで、機能が準備されています。

続きを読む


Vulkan から OpenGL へ描画

Vulkan で描画した結果を OpenGL の世界で使用することができます。
これには NVIDIA 拡張を使用するので、現時点においては NVIDIA のグラフィックスボードを使用していることが条件になります。
今回のこの拡張の名前は、 GL_NV_draw_vulkan_image というもので、将来的に他のメーカーも対応するようになればいいなと思います。

何が出来るのか

GL_NV_draw_vulkan_image という拡張は何を行ってくれるのかというと、
Vulkan を使用して描画した結果を OpenGL の描画で使用するといったことを可能にしてくれます。
詳細には Vulkan の Image を用いて、 OpenGL のカレントのフレームバッファに対して矩形を描画します。
これにより Vulkan でオフスクリーンに描画した結果を (FBOを用いて) OpenGL のテクスチャにするといったこともできます。

API の仕様は、以下の URL にて記載があるので興味のある人はご確認ください。
NV_draw_vulkan_image

続きを読む


OpenGL 4.6 発表!

2017年の SIGGRAPH で OpenGL バージョン 4.6 が公開となりました。
Vulkan が登場して、 OpenGL もバージョンアップを続けるとといわれても不安なところでしたが、ちゃんと出ました。
今回の目玉と個人的に思っているのは、 SPIR-V 関連が標準サポートに入ってことですね。これで事前コンパイル済みシェーダーを OpenGL でも使うことが出来るようになります。

SPIR-V を OpenGL で使用してみることは 4.5 のころの拡張で入っていました。このときの実験の結果は以前の記事に書いてあります。興味のある方はそちらも参照ください。
続きを読む


Mesa3D のレンダラーの切り替え

Linux の OpenGL 実装で有名な Mesa3D ですが、レンダラーの切り替えができることがわかったのでメモしておきます。
ちなみに The Mesa 3D Graphics Library って現時点においては 17.0 となってました。しかしながら動作実験環境は Ubuntu 16.04 で apt でインストールできるものを使用しているため、これよりも古いです。

切り替え方法

以下の環境変数で指定が可能です。

  • LIBGL_ALWAYS_SOFTWARE
  • GALLIUM_DRIVER

この環境変数で LIBGL_ALWAYS_SOFTWARE=1 とするとソフトウェア(エミュレーション)でのレンダラーが選択されるようです。
そして GALLIUM_DRIVER=softpipe を指定することで llvmpipe との切り替えができるようです。


続きを読む


Nexus5X を Android 7.1.1

Nexus5X の端末に Android 7.1.1 の OS が配信されてきたので更新してみました。
Android 6.0.1 からの更新となり、 7.0 を飛ばしてしまった感じになりました。

更新結果

動作そのものが重くなるかなと思いましたが、逆にレスポンス良く動くようになった気がします。
そして OpenGL ES 3.2 のコンテキストで初期化できるようになったようです!今までに ES 3.2 のコンテキストで動く端末を見てなかったので感動です。

続きを読む


ドッキングウィンドウ on WPF での OpenGLView

前回の延長戦で、ドッキングウィンドウとの組み合わせを試してみました。
ドッキングウィンドウには AvalonDock (WPF Extended Toolkit 付属) を用いています。

はじめに

AvalonDock でドッキング可能なドキュメントとして、前回の カスタム版 D3D11Image を貼り付けています。
ここに OpenGL の描画をはめ込む形です。

今までのものと大きく異なるのは以下の点だと思います。

  • 独立したウィンドウになることがある(フローティングウィンドウ)
  • 表示/非表示のタイミング
  • Window に貼り付けられているわけでなく UserControl 以下

これらの条件変化によって、動きが変わるかを確認してみました。

wpf_avalondock_ogl
続きを読む


WPF で OpenGL の描画はめ込み

WPF アプリで OpenGL の描画結果をはめ込めたらいいなと思ってトライしてみることにしました。
WPF は DirectX9 で動いているため、またアプリ全体で1つのウィンドウハンドルとなっているため、従来の C# フォームアプリのように特定の部分だけ描画を任せるというようなことが難しくなっています。

続きを読む