2018年05月一覧

Caliburn.Micro に入門してみる その3

前回は簡単にバインディングができることを確認しました。実はあれは省略形に近いものだったので、フルに設定するとどのようになるかを今回確認します。
基本的に前回のプロジェクトの使い回しで説明します。

メソッド呼び出し

ボタンの Name を削除して、 Interaction.Triggers を指定してメソッドを呼び出してみます。

ShellView.xaml は以下のように変更します。

EventTrigger の Click までは問題ないとして、 Livet では CallMethodAction を呼び出していたような箇所で、 ActionMessage によってメソッドを呼び出します。
この ActionMessage も引数情報を設定することが可能です。パラメータを指定するには以下のようにします。

これを受け取るための IncrementCount メソッドでは引数を取れるように変更する必要があります。忘れると例外(No target found for method IncrementCount.)が飛びます。

メソッド呼び出し その2

ここまでの設定方法が Long Syntax と呼ばれるものになっているようです。次に Short Syntax と呼ばれるものについて確認してみます。

ShellView.xaml を編集してボタンを追加してみます。

見て分かるように、 cal:Message.Attach という添付プロパティでイベントとアクション(メソッド呼び出し)を設定しています。
注目なのはイベント名の記述と、メソッドの呼び出し&引数記述がこのように書ける、という点です。わかりやすいですね。

引数については即値で書いていますが、ここを他のコントロールの値にすることも可能です。

さらに Caliburn では、メソッド引数名から、引数を推測してバインディングしてくれる機能もあります。
以下のように ShellView.xaml を編集して、スライダとボタンを用意してみます。

スライダの名前を IncrementCount の引数名である delta としたことで、 Caliburn が情報をうまく解釈して結合してくれます。

まとめ

自分でバインディング設定を記述しないでもバインディングしてくれることで、プログラマの作業を省力化してくれる感がすごくあります。
ただし、ルールを知らないと動きを追いかけるのも厳しいという印象です。

これらのバインディングについては、 All About Actions を参照して読んでおくのもよさそうです。
パラメータとして、 $source, $view, $dataContext といったものも設定可能であったりするので、なかなか深いです。


Caliburn.Micro に入門してみる その2

前回はとりあえずプロジェクトを作成し、 Caliburn.Micro のお作法に従った Hello,world のようなものをやってみました。
今回はこのプロジェクトを使って、データバインディングを確認をしてみます。

今回も先人の記録を辿りつつ進めていきたいと思います。

ちなみに Caliburn.Micro の Documents の中では Basic Configuration 項にこの部分が書いてありますが、ほんの少しでした。

データバインディング

ShellViewModel に Count プロパティを追加します。

ShellView.xaml を以下のように編集してみます。

これを実行すると以下のようになります。明示的に「Text=”{Binding Count}”」 と書いていないですが、 Caliburn がこのバインド処理を行ってくれます。今回の場合、TextBlock の Name と対応するプロパティを見つけて、バインドを行う処理となっています。

コマンドバインディング

続いて以下のように ShellViewModel クラスにメソッドとプロパティを追加してみます。

そして、 ShellView.xaml も以下のように編集します。

これを実行して、 Increment ボタンを押すと、カウンタがインクリメントされ、 80 カウントになるとボタンが無効となります。

先ほどと同様にバインディングを記述していませんが、各コントロールの Name プロパティと一致するものを見つけて、バインドする処理が Caliburn によって行われるため不要となっています。Command の Can 系についても、同様に接頭辞 Can が付いたものを見つけて判定処理としてくれています。

余談

もちろん、Name を設定せずに Text=”{Binding Count}” などと記述することも可能です。 ValueConverter が必要なときには、こちらのような書き方をする必要が出てきそうです。


Caliburn.Micro に入門してみる

今まで MVVM のインフラストラクチャのライブラリとして Livet を使用していましたが、新バージョンも出ないし新しい環境用のプロジェクトテンプレートも提供が無いようだったので、比較的最近のものでよさそうなものは無いかと探してみたところ、Caliburn.Micro が良さそうだったのでこれを触ってみることにしました。

ここでは、 Nuget から簡単にインストールができる Caliburn.Micro バージョン 3.2.0 を対象にしています。また Visual Studio は 2017 (v15.6.1) を使用しています。

Caliburn.Micro について

Caliburn.Micro は出たばかりというわけでなく、5年以上経過しているというのに、日本語での記事がほぼないです。これから MVVM アーキテクチャでソフト開発を始めようと思っている人には、 Livet のほうをオススメできるのではないかと思います。 Livet のほうが日本語での検索性は良いです。

Caliburn のほうが良い点としては、対応プラットフォームが Livet よりも多いこと、現在も開発が続いていることが挙げられると思います。また、現時点においては開発者の方は Microsoft にいるらしいです。近いうちに、バージョンが 4.0 が出そうです。自分は Livet の良かった点に、プロジェクトテンプレートやらスニペットの準備やら、始めるのに楽だった点があります。 Caliburn.Micro ではそのような点は標準ではなさそうですが、普段のコード書きを楽にしてくれそうなバインディングの仕組みを提供してくれています。そして、 MEF を用いた拡張しやすそうな構成も1つの魅力に感じました。
続きを読む