「 2017年03月05日 」一覧

Mesa3D のレンダラーの切り替え


Linux の OpenGL 実装で有名な Mesa3D ですが、レンダラーの切り替えができることがわかったのでメモしておきます。
ちなみに The Mesa 3D Graphics Library って現時点においては 17.0 となってました。しかしながら動作実験環境は Ubuntu 16.04 で apt でインストールできるものを使用しているため、これよりも古いです。

切り替え方法

以下の環境変数で指定が可能です。

  • LIBGL_ALWAYS_SOFTWARE
  • GALLIUM_DRIVER

この環境変数で LIBGL_ALWAYS_SOFTWARE=1 とするとソフトウェア(エミュレーション)でのレンダラーが選択されるようです。
そして GALLIUM_DRIVER=softpipe を指定することで llvmpipe との切り替えができるようです。


続きを読む