「 2015年02月 」一覧

Raspberry PI 2 が到着しました(&虹色な謎四角)


先日に発売になった Raspberry PI 2 が手元に到着しました。
ARM v7 の 4コアになったことと、Windows10 の話があったことでつい購入に踏み切ってしまいました。
定番の Raspbian をインストールして、思ったよりもサクサクとシステムが動いて、「お、やるな」と思っていたのですが、なにやら画面の右上部に変な虹色の四角が緩やかな点滅をしていることに気づきました。

rainbow_square_pi2

まだあまりメジャーな情報じゃないのか、検索に引っかかり辛かったのですが、友人にこの謎を教えてもらいました。
なんと、電源電圧の閾値低下によるものだそうです。
参考: https://x1japan.wordpress.com/2015/02/20/rpi-what-is-right-up-square/

というわけで、太めのケーブルやマザーボードからの直結に変更してみたところ、この謎の虹色四角は消すことができました。
虹色の四角が表示されている環境では SDカードのアクセスが妙に不安定なことがあって、それもこの電源の低下が招いていたのかなと思います。今のところは消えている状態では安定しているように思います。

追記

プログラムをコンパイルしたり、WiFi アダプタをつけた場合には虹色四角が復活してしまいました。やっぱりちゃんとACアダプタ経由で電源とらないとダメかもしれません.


Eclipse から Jetson TK1 へのリモートデバッグ(Luna編)


今までは eclipse に Indigo を用いていましたが、 Kepler では同じ設定ができようできないとコメントをいただきましたので、 eclipse のバージョンを引き上げて Luna にて同じことができないか検証してみました。ある意味で、ARMのプログラムを作成してデバッグする 第5回の続編、 第6回みたいな感じになってます。

設定についての詳細な内容は以前の記事のほうを参照してください。ここでは Luna によってどのあたりの変更が必要になるのか、という点で記述しておきたいと思います。

設定方法

必要なツールチェインへのパスは通っている&準備が完了しているという前提で話を進めます。
従来の “Standard Create Process Launcher” の代わりに、 “Legacy Remote Create Process Launcher” を選択します。

luna_remotedbg_select_launcher

あとは Debug Configuration の設定を以下のように設定していきます。
このあたりは従来のものと変更がないように思いますが、念のためスクリーンショットを示しておきます。

luna_remotedbg_main
luna_remotedbg_debugger

これらを設定した後で、デバッグ実行させてみた状態が以下のようになります。
うまくステップインできて変数の値も確認できています。
luna_remotedbg_image

まとめ

とりあえず Legacy Remote Create Process Launcher が使えれば、ほぼ同様の手順でリモートデバッグを構築できることが確認できました。ただ標準の GDB(DSF) Automatic/Manual Remote Debugging Launcher を用いては今のところ成功させることができませんでした。