XenServer一覧

XenServer6(beta)に期待してみたが。

先日 XenServer6(beta)を入手できるようになり、
新機能が魅力的に思えたので、まずはVMwareWorkstationにインストールしてみた。魅力的な機能としては、

  • ライブマイグレーション
  • GPUパススルー

ってところです。
以前にもXenServerはインストールして使ってみたことがあるのですが、
フリー版は年1回のライセンス更新があってちょっと面倒に思ってしまい最近は止めてしまっています。
この点は、今も昔も変わらずみたいです。

さて、インストールは順調に成功して、
普段使っているWindows7のPCにXenCenterをインストールして早速接続。
仮想マシンをWinXP SP3を作成し、OSインストールしない設定で仮想マシンだけ用意してみました。

なぜって、デバイスのパススルー設定がどのようになるか確認したかったからです。

さて見てみると・・・GPUの項目があるのですが以下のようになっています。

これを見る限りフリー版ではダメみたいです。
さらに調べてみたところ、Enterpriseエディション以上じゃないとダメみたい。

うーん、残念。

Xen4系列をFedoraやCentOSなどにいれて、GPUパススルー環境を作るしか
方法はないのかもしれません。

ちなみに Xen4.0.1をCentOS6に入れてみたのですが、
そちらもGPUパススルーは失敗。ブラックアウトしたままでした。
なかなか難しいですね。


ESXiの中でのXenについて

ESXiの仮装マシンの中で、Xenが使えないか、試してみた。
結論としては、準仮想化レベルならば動作可能だった。
それでも、ちょっとだけ気をつけないといけない部分があったのでメモしておく。Xen on ESXi なんてどのくらいやってみる人がいるか謎ではあるけど・・・。

動作確認に使ったのは、CentOS 5.5の x86版。
ESXiとして使ったのは、 VMware vSphere Hypvervisor 4.1

この環境でインストール時に、”仮想化”にチェックを入れてインストールしてみた。
インストールは無事に完了して、その後の起動も問題なくできた。

xen上での仮想マシンを作成するときには、httpによるインストールを選んだ。
他の項目が選べなかったので、この点には若干の注意が必要。
今回は、CentOSのディスクイメージをマウントした場所を、
httpdのDocumentRoot とすることで回避した。

そして、気をつけなければならない注意点がこれ。
xenの提供するネットワークでのブリッジ機能を正しく動作させるためには、
ESXiの vSwitchの設定で、”無差別モード”を “許可” にする必要がある。
いわゆるプロミスキャスモードを有効化するってことです。

仮想ネットワークとして、物理的なネットワークと完全に切り離すなら、
これは不要です。


うまくいかない・・・

V2V(XenServer to Hyper-V)

現在XenServerを使っているけど、これをHyper-Vのほうへ移行できないか考え中。
エクスポートしてきたデータは xvaだし、XenConvertつかってovfにしようとしても失敗でovfできず。
OVFからVMware経由してHyper-Vにもっていく計画は失敗でした。

途中でできたVHDファイルを一応マウントしてみたが失敗

V2Vその2

XenServerで動いているゲスト上で、
バックアップ/リストアの方法でやれないかを試した。結果は失敗。
g4l(Ghost for linux)を試したみたが、kernelイメージが不正ということで起動できず。
grubまでは立ち上がったんだけどなぁ。

ただ、これ(g4l)つかった瞬間に、XenServerのゲストOSが起動しなくなった。
ちょっと危険・・・。幸いにもExportしておいたデータがあったので助かった・・・。

Hyper-Vにて

CentOSを動かして2時間ほど放置していたら、時刻が10分くらいずれていた。
起動パラメータを変更して様子見・・・。

まとめ

どうやらXenServerに持って行った瞬間、次の移行先はなさそう。
ここが最終地となってしまうようだ。

追記(1/23)

ようやく出来ました。
→成功事例へ


XenServer

なぜかブートローダー飛んだので

VMWareServerでちくちくと構築していた新環境だったけど、ブートローダーがとんで、
起動も出来なくなってしまったので、再チャレンジ。

と思っていたら、その間に XenServerが無償化したとのニュース。
そこで、こちらのほうを試してみることにしてみました。

起動まで

Raidカードに接続しているドライブではやはり起動できず、
また、GPTパーティションがいるとそれだけでシステム起動できなかった、
(ブートローダーが見つけられない?)ので、色々と手を尽くしてみた。

USBによるブートローダー

とりあえずUSBメモリにブートローダーを仕込み、ここから起動という手順で
今回は対処することにしてみた。

参考にさせてもらったのが、ここです。
http://www.sssg.org/sns/naganuma/weblog/89.html
この通りに、やってみてMBMを使うことで、Raidカード上の論理パーティションから起動させることに成功しました。

XenServer&Centerインストール

ダウンロードしてきたisoイメージで普通にインストール。

クライアントとなるWindowsPCに XenCenterをインストール。
これらは何も問題になることはなかったです。

仮想マシンの作成

最近出たという CentOS5.3を選択したのが間違いでした。

これ、XenServer上では動かすことが出来ませんでした。なにやらドライバ見つからないのかインストーラー途中から進めません。

また、設定のテンプレートもlocalのmediaからインストールできるものを選択しなくてはいけないようです。
これらに注意して、CentOS5.2のディスクからならばインストールができました。

XenServerToolsインストール

仮想VMでマウントしてからの話。
マウントすると linuxってディレクトリがあったので、その中をのぞいてみると、インストーラーとしてのスクリプトがありました。

これを実行するだけで終了。
結果、メモリの使用状況とかがXenCenterのルートからみれるようになりました。