vmware一覧

VMware Workstation7出た!

新機能の列挙を見ただけで、”すげぇ!”と思ってしまうものが満載です。

  • DirectX 9.0c SM3.0対応
  • OpenGL 2.1対応
  • Windows7, VMwareESXiサポート

これだけでかなりいけてるとおもいます。特にDX9対応は凄すぎる・・・。

早速試用版を試して見ました。

Windows7インストール

新機能で簡単インストール機能があったのでそちらを利用しました。
最初に少し聞かれるものの、あとはVMwareToolsのインストールまでが全て自動化。
かなり楽にインストールは完了です。

あと、ファイルのコピーもD&Dで出来るようになっていたりと、便利でした。

Aero

売り文句の1つにAeroが動くってあったのでそれもテスト。
インストール直後では、テーマがベーシック故あれ?と思ったのですが、
きちんとAeroテーマを選んでやることにより、有効化されました。
3Dフリップも機能するし凄いです。

DirectX9.0cテスト

ちょうど手元にDirectXの自作プログラムがあったのでそれを使ってみました。
結果、普通に動いてました。若干起動時にゴミが見えたものの定常状態では正常に動作しているようでした。

このアプリケーションでは、
スキニングシェーダー&テクスチャ付き という代物です。
これが仮想マシンで動くって言うのだからすごいものですねぇ…。

一応、Aeroの推奨環境を満たしていない下記スペックで動かしました。

  • Athlon64X2 4400
  • Mem 2GB
  • GeForce8600GT

もう少し評価版を触ってみて、これは製品版購入になりそうな感じです。
Win7のXPモードよりはるかにすばらしい!!

VMPlayerも最新版が出たそうですね。今度はPlayerながらも仮想マシンを構築できるとか。
ただし、VMwareWorkstation 6.5相当という。
これでも一応9.0c SM2.0が動くということになっている状況なのだから
仮想化分野もかなり進化したなぁと思います。


Windows7 その2

Windows7でVMware6.5

なかなか記事には見かけないので、Windows7でVMware Workstation 6.5 を動かしてみました。

インストール&起動確認

特に失敗することもなくインストール完了です。
驚いたのは最初から日本語でインストールが完了したことでしょうか。

仮想マシン起動

WindowsXP Professional SP2をインストールしてみました。
順調にインストールと起動まで確認。
最初からサウンドもなるし、VMwareToolsいれなくてもマウスが範囲内に入ったら仮想マシンのカーソルが動きました。
若干、サウンドが途切れたりしてました。要経過観察です。

VMWareToolsインストール

挙動を安定させるべくさっさとインストール。
サウンドはこの頃から問題なく動作中

ネットワーク

自分の環境のせいかもしれないが、NATではWebがみれなかったです。
ブリッジにしたところ、正常にみれるようになりましたが。
NAT時にもDNSは引けていたので、どこが問題なのだろう・・・。

DirectX関係

次回にもちこしです。

わりとVMwareがWindows7上で使えそうで一安心。
VTが無い環境ではXPmode使えないし、こちらの製品使うことになるのかな。

PV4のセットアップ

ファームが古いのもあったのでそれは新しいモノへ更新して作業しました。
最初画面が真っ暗で起動失敗か!?と思ったのですが、オーバーレイのせいでした。
Aeroを無効化して、ベーシックで起動させれば、問題なく画面&音でてました。

自分のスペックのためかプレビューはフレーム落ちしてるようです。
録画は問題なく出来てますが、XPのころよりは負荷が高めでした。


サーバー設定作業中

CentOS on VMWareServer

時刻がうまく同期できない!ということで試行錯誤してました。

CentOS5.2では下記の設定をやってから、ntpdつかうとうまく同期取れるようになる模様です。

bootのgrub.confに追加

kernel /vmlinuz-2.6.18-92.1.22.el5 ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00 rhgb quiet divider=10 clocksource=acpi_pm


2TB制限に引っかかった

どうやら、2TBの壁があるっぽい。

うちでは、

  • 1TB x4

のRAID5構成をしており、容量としては、2.7GBほどとなっている状態でインストールしたが、

datastore作成時に 空きスペースが700Gほどと報告されている。

それでは2TBのストレージではどうだろうと、アレイを組み直して再チャレンジするも、
今度はパーティションの読み取りに失敗したようなメッセージを出す。

海外サイトを調べてみるとどうやら、up to 1TB となっているようだ。

うーん、これじゃうちのサーバー集約には使えないなぁという結果に。
残念です。

これらを考えてうちの方針

意外とESXiが微妙だった。よって他の方法を考えなくては。

  1. Xenを使って振り分け
  2. VMware Serverにチャレンジしてみる

以前の結果でXenもまた微妙であったので、ここは(2)ですかね。

素直にCentOS5.2でAdaptec 3805を認識してくれたので、しかも最新ドライバで動いてる、ので助かった。


VMware ESXi

VMWare ESXi

USBメモリにインストールして、という方法があってみてやってみたもののカーネルパニックになるのであきらめ。
素直に、CDROMからブートさせる方法をチャレンジしてみたところ、起動までは確認出来ました。

しかしながら、ネットワークが認識されない。8111Cチップではどうやらダメらしい。
次ネットワークカード買ってくるまでは、続きは出来ないかなぁ。

あと、ストレージにはadaptecのカードしか認識されてなかったので、
標準のM/Bオンボードのなにかだと、そこでも躓いたかもしれない。

インストールまとめ

  • ストレージ用は、何らかのRaidカードなりを準備(adaptecを用意してみた)
  • ネットワーク用も有名所のカードを備える(Intel/3Comとかその辺)

このあたりを乗り切れば、インストール自体は成功しそうです。

インストール直後、ネットワークが認識されていれば、IP変更できるので、
環境に合わせて修正する。もし初期状態に戻すくらいのメッセージしか出ないなら、それはネットワークカードが認識されていない。

VMware Infrastructure Client をインストール

操作用のクライアントとして’VMware Infrastructure Client ‘をインストールする。

これはESXiインストールしたマシンからダウンロードできる。
httpによるアクセスでページが表示できるから、その中のリンク、
Download VMware Infrastructure Client
をクリックして、インストールする。