「 日記 」一覧

Let’s note R5にWindows8を入れてみた


ずいぶんと前のPCになるのですが、Let’s note R5にWindows8を入れてみました。もともとはXPが動いていましたが、動作も遅くなってきたし、Win8では低スペックのPCでも動作できるという噂を聞いたのでチャレンジしてみました。

基本的にはWindowsVista や Windows7 をインストールする手順と変わらないようです。
これらについては、偉大な先人達がネット上に情報をあげてくれているためそれを参考にしました。

その情報に従い、下記の手順を実行しました。

  1. ノートPCの状態を工場出荷状態に戻す
  2. BIOSのアップデート
  3. USBメモリからWindows8をインストール
  4. Panasonicから入手したドライバ群をインストール

工場出荷状態に戻したのには理由があって、空き容量がどうしても確保できなかったためです。
またUSBメモリからインストールする際には、XP SP3がインストールされている必要があり、またUSBメモリに必要なデータをコピーしておくために、 Windows 7 USB/DVD DOWNLOAD TOOL を用いました。

また工場出荷状態ではXP SP2の状態でしたので、XP SP3への更新に時間がかかってしまいました。
WindowsUpdateでなぜか正常に実行できなかったので・・・。オフラインインストールでSP3に更新です。

Windows8がインストールできた後のドライバのインストールでは、Panasonic Miscドライバと HotKeyドライバを入れるのですが、実はこれらはR5用ではなく、R8用のものを入れる点にも注意が必要です。
R5用のVista対応キットに含まれている物ではインストールすることが出来ません。

そして、グラフィックスドライバもちょっと厄介でした。
Windows標準ではドライバが入らず、R5用グラフィックスドライバではブルースクリーンor応答停止を繰り返す、という状況になってしまいました。
 そのためウチの環境では、Intelからダウンロードしたちょっと古いドライバですがこれを使用することにしました。(http://communities.intel.com/docs/DOC-19647 から、win7_1512754.exe をダウンロードしました。)

このままではスタートボタンがなくなっているWindows8のため、StartMenu 8を入れて使用開始です。


これから何をやろうか


前回のでひとまず熱を入れてやっていたことが終わったので、次のネタをぼちぼち取りかかる予定です。
内容は少し前から興味があった動画のCODECを自分で作ってみようかと思ってます。
まずは勉強目的で。

これについてちょっと必要になってくるのが inf ファイルなのでちょっと調べてました。
まず一番最初のステップとして、このファイルのInstallでファイルがコピーされる、という単純なものを作ってみました。

[version]
signature="$Windows NT$"

[DefaultInstall]
CopyFiles = FilesSection

[FilesSection]
hello.dll,,,0

[DestinationDirs]
FilesSection=11

これでひとまずはinfと同じ場所にある hello.dll が Windows/System32 以下にコピーされます。
まずとっかかりとしてはここから。

CODECのほうも今やオープンソースでいくつかありますし、これを元に解析&挙動について追いかけていけば、なんとなく勉強できるのではないかと感じています。
しばらくはこれにつきっきりでブログはおろそかになりそうです。

残ってること

もうちょっとMMDの仕上げを。レンダリング周りは全く手を付けていなかったし。カメラアニメもついさっきまで頭にすらなかった。
Androidでの動作もやってみてもよかったかもなぁ。


QNAPのNASでHDD交換


QNAPのNASでHDD交換しようとしてとても焦ったのでメモとして残しておきます。

出遭った現象としては、新規にHDDを挿入しても認識はするもののリビルドが走らない、というものです。
そのときのログメッセージとしては、”Add drive 1 to the volume failed” と記録されていました。

そもそも新規に購入してきたディスクではないのでディスクそのものの故障を疑ったりもしましたが、別PCでチェックしても問題なく、WindowsPCでフォーマットを行って挿入してもうまくいかず、とても悩みました。

いろいろと調べたり、実験したりして、ようやくたどり着いたのが、
ディスクにパーティションが存在してはいけない、という結論です。
WindowsPCでフォーマットしてある状態というのは、既にパーティションが存在してしまうので、NGということです。
ここで、フォーマットを行った後、パーティションの削除を行ってから、QNAP NASに挿入することでようやくRAIDアレイのリビルドが開始されました。

買ってきた直後のディスクでならうまくいくのには、こんな部分が絡んでいたようです。


Windows8でG41ドライバがない?


G41のWindows8用ドライバがない

実験機にWindows8をインストールしたのですが、OpenGL動くかな?と思って試してみたところ、GDI Generic状態になっていました。これはまともに動いていない!ということで、デバイスはG41だったのでそれにあわせてWindows7用のドライバを入れようとしました。しかしながら、これが失敗。最低条件を満たしていないという意のメッセージが出てきました。

Windows7用を使おうとしたのは、IntelのページでWindows8用が見つからなかったためです。

このような状態ではやりたいことのチェックが出来なかったので、RADEON HD 5450を追加して、Catalyst 12.10をインストールしてOpenGLが使えるのか?というチェックをしてみたいと思います。

(しかしこのままだとG41でWindows8はちょっと使えないかも。DirectXのみのサポートという感じになるのだろうか・・・。)
サポート範囲なら早く対応ドライバが出て欲しいところです。
→ どうやら旧チップはWindows同梱版でのみの対応となり、メーカーでは出さないようです。これによりOpenGL対応は絶望的。CPU内蔵のグラフィックスであればIntelさんが個別に出していくとのことです。

ソース: http://communities.intel.com/docs/DOC-19646

RADEON 5450にて

ドライバインストールして、とりあえず使えるのかどうかを見るために、OpenGLの初期化および各情報を取得してみました。
以下その中身。

デスクトップモードでアプリ動かしてみての結果ですが、使えそうです。


記事の削除


そういえば10月になってガード解除系は違反になったんだったなと思い出して、
過去の録画環境構築ネタでやっていた ktv-fsusb2の改造記事を削除しました。

ソフトの簡単な組み合わせで実現できるようなネタは残してありますが、さすがに電子工作じみたこととファーム書き換えなどまで行ってTS抜きするような話はまずいだろうという判断です。



Windows8をインストールしてみた


今週15日にMSDN向けにはWindows8やVisualStudio2012が公開されました。
そこで早速ダウンロードして空いているPCにWindows8を新規にインストールしてみました。

インストールについて

新規インストールしましたが、ユーザー設定等が出てくるのは最後の仕上げ部分となっていました。最初にどのディスクにインストールするか決めた後は、ほぼ放置でOKでした。また、ユーザー設定などの画面が出てくるまでも、インストールそのものを開始してから20分も経たないくらいでスピーディにインストール作業が完了しました。

あと、今までに無い色の紫色が基本カラーとして表示されていたのにちょっと驚きました。

デスクトップについて

以前からの予告通り、Aeroが消えていました。のっぺりとしたウィンドウになっています。Windowsキーによるメニューを出そうとすると、Metroのメニュー表示状態へ切り替わります。この挙動については個人的には不満です…スタートメニューがほしいです。

左下にマウスカーソルを合わせて、右クリックするとコマンドプロンプトやデバイスマネージャー、ファイル名を指定して実行などのメニューが出てきたので、とりあえずはこれである程度我慢はできそうです。

インストール直後だからなのかもしれませんが、古めのPCでも軽快に動いているようです。
(PentiumDualCore E6500, 2GB)

DirectX について

インストール直後では DirectX11がインストール状態となっています。ただし注意しなくてはならないのが、D3DX系のDLLが全く含まれていないことです(DirectX9のものすら入っていない)。そのためDirectXのコアだけ使ったアプリはほとんど無いでしょうから、DirectXの再頒布ランタイムのインストールは必要になりそうです。

VisualC++のランタイムについて

VisualStudio 2005(VC80) 用 50727.6910
VisualStudio 2008(VC90) 用 30729.6871

上記のものが含まれていました。従来のアプリがすんなり動きそうな感じです。
その一方で、2010(VC100)や2012のものが含まれなかったのがちょっと残念です。このことは2005,2008は既に十分古いから含めても問題ない、という意思表示なのでしょうか。

 


Intel HD Graphics 4000をちょっとはかってみる


グラフィックス性能を上げたというIvyBridgeの Intel HD Graphics 4000 (HD4000)
これについて、どのくらいの性能なのかを計測してみました。

定番の 3DMark 06を動かしてみてその結果を貼ってみます。
ちなみに 3770Tで動作させています。

SM2 :  2222
SM3 :  7165

という結果が出ました。
WinPC 4月号では、 Intel HD Graphics 3000 の場合で、
SM2 : 1641
SM3 : 1383
となっており、かなりの性能UPを実現できていることがわかりました。

また Geforce 7600GT の場合では、
SM2 : 1218
SM3 : 1322
というスコアで、7600GTとHD4000を比較した場合では圧倒的に HD4000が勝利している結果となりました。

Ivyで性能を上げたから、7600GTくらいにはなっているだろうと思っていたのですが、
実は追いついていたのは SandyBridge時代で、Ivyではもう抜いたという事実に驚きました。

これはもう、Intel HD Graphicsは低スペックだから動作サポート外とはいえない性能を持っているなと思いました。


3770Tかった


IvyBridge祭りにあわせて、i7 3770T を購入しました。
何店舗か探し回ったもののGWに手に入れることができました。

とりあえずせっかくの超省電力版(TDP 45W)なので そのあたりを確認してみました。
電力は、PCのコンセントにワットチェッカーを入れて計測しました。
CPU温度は、Core Temp 1.0 RC3 を使用して計測しています。

Idle状態で、CPU温度は 32度くらい、消費電力は 40Wを切るくらいでした。
一方、論理コアを含めてフルロードさせた状態だと、CPU温度は 60度を超えることがあるものの60度前後で落ち着く感じで、消費電力は 92W となっていました。

Intel HD Graphics を使ってGPUもCPUもフルロードさせると、115W ほど電力を消費する結果となりました。

 

SandyBridgeを使っている人の話からすると、意外とCPU温度が高いねと言われましたが、
SandyBridge以前のCPUを使っている身としては、結構温度が下がっているなと思いました。
また、フルロードさせてもこのくらいの消費電力というのもすごいなと。
現在 i7 870 を使っていて 30%くらいコンスタントに消費しているシステムでも 120W くらい到達していたりしますので。

 

3770Tを使って、オーバークロック試した例もあるようですが、手元の環境では駄目っぽい感じでした。
どうがんばっても 4GHz には行かない感じです。 TBしても 3.5G程度で止まってしまう・・・。

 


HTTPからのIRC


IRCクライアントをインストールできない環境や、そもそもHTTP通信しかできない状況で、
IRCを使ってやりとりをしたいということがあります。そんなときに、http2irc的なものが欲しくなります。

以前、http2ircみたいなプログラムが手元にあったのですが、紛失してしまって誰か作っていないかなと思って調べてみるとありました。数は少なそうですが、ありました。

  • WebIRC
  • CGIIRC

今回、CGIIRCを試してみたので導入までの流れをメモとして残しておきます。

CGIIRCのセットアップ

本家、http://cgiirc.org/ からCGIをダウンロードしてきます。
そして、 httpとしてアクセスできる場所に配置します。
ここで配置した場所でCGIを許可する設定となるように httpd.conf を編集しておきます。

cgiirc-0.5.10.tar.gz を展開すると、cgiirc.config という設定ファイルがあります。
このファイルに設定を書き込んで、セットアップは完了します。非常に簡単です。

cgiirc.configの編集

下記の項目くらいを編集するくらいで十分でしょう。

  • default_server 接続する標準のサーバー
  • default_channel 接続する先のチャンネル名
  • image_path imageが配置されているパス。ブラウザーから見えるアドレスで記述すること.
  • irc charset = iso-2022-jp という行を追記する。日本語環境で使う際に必要です。
  • interface timestamp = 1 時刻の表示を有効にします。