プログラミング一覧

Cloud9 IDE をサーバーにインストール

クラウド開発環境サービスの Cloud9 の IDE については、オープンソースとして公開されているため、 Linux 環境に入れて使うことができます。
これを利用して、開発サーバーに Cloud9 IDE をインストールして、ブラウザで開発ということにトライした記録です。

インストール

Ubuntu 17.04 にインストールしてみました。
Cloud9 Core (https://github.com/c9/core.git)として環境が公開されています。
一般ユーザーの環境にインストールすることが前提なのでその点にご注意ください。
続きを読む


CMake に入門&対処事例

Visual Studio の各バージョンごとに vcxproj を用意して… というのが辛くなったため、 CMake によるプロジェクト生成という流派にちょっと入門してみました。
現時点において、 Visual Studio のバージョンが違っても割とプロジェクトは開くことが出来ますし、ツールセットなどの設定をプルダウンメニューから変更する程度で対応できるような状態になっているため、以前ほど対応に時間がかかるような問題ではありません。

しかしながら、ユーザーの操作が伴いますし、各バージョンごとにビルドチェックしたい!といった点ではできないようなので、 CMake 方式に変更してみた次第です。

事例色々

ここでは入門してみて、Visual Studio でのあれそれが、 CMake ではどうやるの?といったことを挙げていきたいと思います。
また、こんなところに躓きました、という点も合わせて上げていきます。これがこれからの CMake やる人への助けになればいいなと思います。

そもそもとして CMake についての書籍があればそれを紹介&読んでみようと思うのですが見当たらず・・・。 gnu make は書籍があるのに残念です。
基本的な点については自分が把握していないこともあるので、別の解説サイトにお任せしたいと思います。

一応自分はこのようにして対処したというものなので、もっと良い方法がある可能性は大いにあります。また、ある状況ではうまくいかないということもあるかもしれません。

続きを読む


Python 開発環境としての VSCode

Python での開発をやりやすくするために、 Visual Studio Code で Python 開発環境を準備してみました。

必要なもののインストール

VSCode

Visual Studio Code をインストールします。
VSCode は https://code.visualstudio.com/ から取得可能です。
この記事を作成しているときには 1.13 というバージョンのものでした。

Python

Python をインストールします。 Anaconda のほうではなく本家の Python をインストールしました。
そして、今後の取り扱いのことを考えて、 virtualenv も準備ししておきます。そのためには Python のインストール時に pip もインストールされるようにしておきます。

インストールが終わったら、 pip を使って virtualenv をインストールします。

続きを読む


django で json 送受のメモ

Python のフレームワークで JSON のデータを送受したいことがあり、記述に困ったのでメモとして残しておきます。
同じように困っている人の助けになれば幸いです。

JSON をクライアントへ送信

“Data” というのはデータ保持しているクラスです。いわゆるモデルです。

JSON を受け取る

django 側が JSON を受け取る場合です。以下のコードでは受け取ったものを表示しているだけになります。

以下のように curl からテストをした際に CSRF 関連でエラーとしてはじかれるため、CRSF 無効にするデコレータをつけています。



DwmGetDxSharedSurface を使ってみた

Windows の隠し API である DwmGetDxSharedSurface を使ってみました。
これは Windows7 以降で存在するようで、無事に Windows10 の環境でも使えました。
そのまま素直に使おうとするといくつか課題はありますが、面白い機能だと思ったので紹介することにしました。なお Undocumented API の1つなので、ご利用は自己責任で。

これは何?

指定されたウィンドウの画像をキャプチャすることが出来る API です。ウィンドウが他のウィンドウで隠されていても内容をキャプチャすることが出来ます。

続きを読む



Vulkan へ DirectX11 テクスチャをインポート

世の中の多くの Windows 環境で安定して使えるグラフィックス API は DirectX11 や OpenGL といったところだと思います。
Vulkan API は新しい API のため、既存のライブラリやフレームワークではまだサポートされていなかったりします。そのような状況のためか、 NIVIDA の Vulkan Extension では、 Vulkan とその他 API でやりとりするための機能が用意されました。

また現時点においては、 Khronos の KHX 拡張としても整備が進みそうな気配です。NVIDIA だけでなくサポート範囲が広がってくれることに期待です。

続きを読む


XAML のエディットコンティニューがすごい (VS2017)

Visual Studio 2017 で XAML のエディットコンティニューが出来るようになりました。これがかなりすごいので紹介したいと思います。Visual Studio 2015 でのライブビジュアルツリーもそれなりに便利にしてくれましたが、この XAML エディットコンティニューは最強だと思います。

環境

今回使用している環境は、 Windows 10 Professional (AU) です。
ここでは、 Visual Studio 2017 Professional を使用しています。
おそらく Visual Studio 2017 Community でも同様に動作するとは思っていますが未確認です。
続きを読む


Paint.Net のファイル形式拡張

Paint.Net はプラグインの導入で、対応するファイルの種類を拡張することができます。
また、 .net で実装されていることもあって、機能拡張を行うには都合の良い状態となっています。 Windows 標準ペイントより都合のよい場面があるので割と愛用しています。
続きを読む