OLED の動作確認(ESP32)

HiLetGo の OLED を ESP32 (ESP-WROOM-32) で使おうと思ったときに、予期していた状態と異なったのでここにメモとして残しておきます。

ESP-WROOM-32 で Arduino フレームワークを使ってこのディスプレイを使おうとしたときに、以前の u8glib が使えなかったので別のライブラリを探すことにしました。 u8glib で GraphicsTest をコンパイルさせたところ、なぜかフラッシュの領域を超えるくらいの大きなものが出来てしまったようで。

配線情報

ESP-WROOM-32 と OLED については次のようの結線をしました。ESP 側は柔軟にピンアサインを変更できるようなので、試してはいないですが、他の組み合わせでも動作するかもしれません。

OLED ESP32
CLK IO14
MOSI IO13
RES IO17
DC IO16
CS IO15

使用するライブラリ

今回使用したのは U8g2 というライブラリで、バージョンは 2.24.3 を使いました。動作の確認には、 GraphicsTest を用いました。

このサンプルで、有効にするデバイス行は U8G2_SSD1309_128X64_NONAME2_F_4W_SW_SPI と書かれた行です。ここを、先ほどの結線に従ってピンを設定します。

以前の結論にあった、 SH1106 の部分を有効に…と思ったのですが、このピン設定を出来るコンストラクタが無く、模索していたところ今回の設定を見つけるに至りました。

SH1106 ⇒ SSD1306 でも動く?というところにやや不安が残りますが、趣味でいじっている程度なのでこのまま遊んでみようと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする