VisualStudio の HLSL テンプレートがおかしい

15.8.x のどこかのバージョンから、以下のようにシェーダーの作成の項目が減ってしまいました。
(自分の記憶では、15.8.1 の時点では大丈夫でした)。 この画面は 15.8.5 のものです。
本来ならば、ここに頂点シェーダーやピクセルシェーダー、ハルシェーダーといった項目も出現していなければなりません。

この問題を解決する方法がわかったので、これについて説明します。
なお、Professional 版、 Community 版ともに同じ問題を抱えているようです。

項目テンプレートを修正する

どうやら設定ファイルに妙な情報が記録されているようなので、それを修正することで直ることがわかりました。

デフォルトの設定だと次の場所になります。

  • C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2017\Professional\Common7\IDE\ItemTemplates
  • C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2017\Community\Common7\IDE\ItemTemplates

ここにある次のファイルを編集します。
Program Files 以下になるため、テキストエディタを「管理者として実行」で起動してすることが必要になります。

  • Microsoft.VisualStudio.VC.Templates.Pro.Resources.ja-JP.Item..vstman

このファイルを開いて中身を確認すると、以下の囲ったところにあるように、一部のファイルパスがおかしい状態となっています。

これらの “1041\1041” となっている場所を、 “1041”と1回になるように書き換えていきます。

続いて、スタートメニューから 「開発者コマンドプロンプト for VS2017」 を実行します。
そして以下のコマンドを実行します。

あとは新規に VisualStudio を立ち上げて、今まで見えなかったシェーダー項目が増えていることを確認して完了です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする