いざ魔界へ


Boost魔界へ

以前のリフレクションシステムは、会社でのソースを見た後だったので、
恐ろしく構造が似ていました。いやー、見てもらったらパクリx2 言われてしまった。
実装はtemplateメインにしたのでちょっとは違うのですが。
使うユーザー側にとっては定義の仕方一緒だし…。

そんな中最近のBoostにはserializationが入ったらしいです。
これを使えばシリアライズできるじゃん!ということです。
ただシリアライズはできるもののフィールドに対するメタ情報を扱うわけではないです。

そういう背景もあって自分でなんとか作ってやろうじゃないかと勉強中です。

そのためにはBoostの該当コード理解しないとと思ってますが、魔界です…

正直何やってるかわからない。template地獄。実行させながら追ってみるもののやはりさっぱり。

出直してきます・・・・・ orz

とりあえず自分に足りない要素として、

  • メタプログラミングに対する理解が不十分
  • templateによるジェネリックプログラミングの理解

とくに後者は多段のtemplateが使えるようにならなきゃ話にならないですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする