DFPlayer Mini を使ってみる

マイコンで音声ファイルを再生するのに、 SDカード等にいれたデータをストリーミングして再生かなと考えていたのですが、 mp3 のファイルを直接再生するモジュールボードを発見しました。
amazon で眺めていたら発見したのが以下のものです。これを書いている現在で2つで 800 円ほどとなっており、ネットの情報からすると少し高くなっているのかもしれません。

このモジュールボードのチュートリアルとしては以下の Wiki に記載がありました。

https://www.dfrobot.com/wiki/index.php/DFPlayer_Mini_SKU:DFR0299#Tutorial

実ボードでは “MP3-TF-16P” と刻印がありますが、まあなんとか動いている感じです(※)。
また、より詳細な仕様書的なものとしては、以下の pdf を参照して試してみています。

http://www.flyrontech.com/uploadfile/download/2016441645109830.pdf

※ もしかすると別に本家があるコピー品なのかもしれません。

早速試してみる

手っ取り早く動作を試してみるために、制御のことを考えず単体で動作させることを試してみます。
これはチュートリアルの第5.3章にある、 “I/O Mode” を見て作成しました。

準備として FAT32 フォーマットされた microSD カードに mp3 フォルダを作成します。そして、この中に1つだけ、 0001.mp3 なるファイルを書き込んでおきます。

ブレッドボード上に配線は以下のような感じにしました。図では電池1本で表現していますが、 電源は 3.3 V で供給しています。

これで電源を入れて、適当にボリュームダウンのボタンを押したら再生が始まりました。
しかし、この状態では大ボリュームで再生がはじまり、驚きました。ボリュームの初期値は最大値のようです。

Arduino Uno と繋いでみる

大音量のままで困ったので Arduino Uno と接続して、ボリュームの制御などできるようにしてみました。

接続については以下のよう感じになっています。注意点として、 Arduino のシリアル出力が 5V のため、直接接続するとノイズの原因となるようです。そのため、送受信の線には抵抗 (1k) を追加するようにしています。


接続した後は、Arduino IDE からスケッチを作成します。

チュートリアルのページにあるように、 DFRobotDFPlayerMini のライブラリを取得して、これを追加します。その後以下のようなスケッチを書き込んで再生を行います。ほぼチュートリアルで公開されていたままのものです。これだと1曲再生を行います。

まとめ

ネットの情報を見ると電源は ArduinoUNO から取らず、別系統とした方がいいとありましたが、自分の環境では上記のままでも大丈夫なようでした。
また他にも電源電圧は 4.2V なら安定動作とか記載があって心配していましたが、 3.3V の電源電圧でも今のところ問題なく動いているようです。

ひとつ残念な点があるのは、電源投入時のスピーカーから雑音が出てしまうことです。これが割と大きめの音がするので気になります。

昔 mp3 のプレイヤーキットを作ったことがありましたが、このくらいの小型なサイズで mp3 を再生できてしまうことに驚きがあります。癖はありますが面白いモジュールだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする