ESXi 向けUSB NICにオススメが増えた

vSphere で使える USB NIC として以前は、以下のものをオススメしていました。

Windows の環境でも USB ハブ機能+有線LAN という点で重宝する機器でしたが、 vSphere Hypervisor (ESXi) の環境でも使えるということで個人的にはさらに価値が高まっているものとなっています。 vSphere Hypervisor 用として考えるならば、もっとオススメできる機器が登場していました。

見ての通り、 USB 1つで、 2つの Ethernet のポートが追加できます。 個別に仮想マシンに割り当てるもよし、1ポートでは出来ない仮想スイッチを構成するもよし、色々と可能性を広げてくれそうです。
USB 3 での接続なので、転送速度の懸念もあまりなしといったところです。 NUC と組み合わせた場合、小型なのに2ポートEther というしっかりした環境を実現できます。

標準のドライバで何もせずに認識というわけにはいかず、ドライバの導入という手間はかかります。
いずれも LAN-GTJU3H3 と同じく ASIX AX88179 というチップを使っているようです。これについては以前の記事の方で説明もしているので、そちらを参照してもらえればと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする