本屋で物色中

最短で C# 入門して、らしいコードにするために

プログラミングには慣れている人が C# へ入門する際に何かいい書籍がないかなと思って探していたところ、見つけました。
C# に慣れている人から見ると、イマイチ感がありそうな感じなものです。しかしそこが今回の対象としている人に向けてはちょうどいい具合になっていると感じました。

広く、そして割と浅く書かれているため、今ほしい”とある”機能を実装するのに役だったり、さっさと入門を済ませてしまいたい人にこれが向いていそうです。
C# のバージョンも 6.0 あたりまで入っていそうなので、そのあたりも含めて割と最近のコードスタイルで記述できるように最短で導いてくれそうです。

ゲームエンジンアーキテクチャ (2)

ゲームエンジンアーキテクチャ 第2版 を購入しました。初版を持っていますが意外とアップデートが多く、買っておくか感が上回ったため買っちゃいました。
さらりと確認したところでは、サウンド関連の追加と、 PlayStation4, XBoxOne の記述が増えていたりとでしょうか。

CGとゲームの技術

ゲームエンジンとは対照的に、もっと薄いけど幅広くゲーム関連を知るにはこの本もよさそうでした。プログラミングというよりは割と教科書なので、これからこの分野に進もうとする人にはオススメできそうです。

出版元がコロナ社なので、教科書として割と長く出版してくれそうな雰囲気を感じます。絶版になってしまう書籍が多い中で助かりそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする