Visual Studio 2017 でオフラインインストール


Visual Studio 2017 は現時点では MSDN のほうでもオンラインインストールのインストーラーのみ提供されていて、 iso イメージが存在しません。
しかし、できることなら複数回のインストールやオフラインのPC用といったことに備えてオフラインインストールできるように準備しておきたいところです。

今回、オフラインのインストールに向けて準備する方法について、記録として残しておきます。

スポンサーリンク

方法

提供されているオンラインのインストーラーでも、従来の Visual Studio の Update と同じように、事前に必要ファイルをローカルのフォルダに取得するという機能がありました。これを使用して、インストールに必要なファイルを全てダウンロードさせてしまいます。

コマンドプロンプトを開いて、以下のコマンドを実行します。 オフライン用のファイルは D:\VisualStudio2017\media フォルダに出来上がります。
ここでは MSDN のインストーラーを使っていますので、状況に応じて読み替えてください。

なお言語を指定することができるので、日本語だけをセットしました。

このときインストーラーの起動には管理者権限が要求されるので、その点ご注意ください。

実行中は以下のようにファイルの取得状況などが表示されます。

この取得には自分の環境では約3,4時間ほどかかりました。それもそのはず、取得後のフォルダの様子を見てみたところ、20.6GBほどの容量を占めていました。
このフォルダの内容を USB メモリにコピーする or ファイル共有する or Blu-ray Disc としてのイメージ作成、という手順をさらに行って、オフライン用の準備を完了させます。

ここでは BurnAware を使って iso を作ってみました。

インストール方法

フォルダの中にある mu_visual_studio_professional_2017_x86_x64_10049787.exe を実行してインストールを行います。
もしかするとこの exe のファイル名は、最初に実行したファイルに依存するかもしれません。そのため非MSDN のものの場合は読み替えてください。

まとめ

公開されているオンラインインストーラー(Webインストーラー)からオフラインインストールするための準備作業について説明しました。20Gほどとなるとメディアに納めにくくなってきますね。

今回の作業でわかったとことしてサードパーティーとしての位置付けの Android 関連も取得して含まれたようでした。今まではメディアに含められてはいませんでした。容量に驚きましたが、事前に取得できるのはありがたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする