メモリリーク追跡


DirectXのメモリリーク

DirectXを使ったプログラムを作っていて、VRAMに確保したデータを解放せずに終了させてしまうこと、よくあることです。
特に適当に作ったプログラムや、実験を重ねて複雑になってしまったものによくあります。

そういうとき、DirectXのデバッグランタイムを使用しているのであれば、
以下のようなメッセージがプログラム終了時に表示されます

こういうときに、実はデバッグランタイムを使用していればどこのタイミングで確保したモノなのかがチェックできるらしいです。

上記の、AllocIDの部分でデバッガのブレークを貼ることが出来ますが、
手元でチェックしてみたところ、一つの目安にしかならない感じがします。

定番なのかもしれませんが、このIDの数が大きい方から処理していった方が良さそうです。
たとえば、上記AllocID=1ですと、CreateDeviceでデバイス作成したところで引っかかります。

考察としては、COMが参照カウンタ方式なため、参照された瞬間にカウンタがインクリメントされ、のちのちまで残ってしまったために、上記で表示されているのだと考えられます。

よって、数が大きいモノ、最後に参照カウンタをいじって生き残っているモノからデバッグ(解放処理?)を入れていくのは正しいのではないかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする