AndroidStudio 2.2 で teapot


先日 AndroidStudio 2.2 をインストールして簡単なサンプルプログラムの動作まで確認しました。
今回は同じくサンプルプログラムですが、定番の teapot のものを試してみたいと思います。

スポンサーリンク

プロジェクトの作成

AndroidStudio を起動して、 “Import an Android code sample” を選択します。
そして表示されたウィンドウの中から NDK Teapots を選択します。

android_studio-teapot

あとはアプリ名と保存位置を指定した後、プロジェクト作成の完了を待ちます。

android_studio-teapot_2

プロジェクトが開かれると、エラーが報告されているようでした。
android_studio-teapot_3

この表示部分の以下の箇所をクリックして問題を解決します。
android_studio_project_teapot

こうしてプロジェクトが作成されました。
android_studio-teapot_4

実行

このサンプルでは複数のサブプロジェクトがあるためどのアプリケーションを起動するのかを選択する必要があります。
以下の画面の枠の箇所で選択できるので、 classic-teapot を選択します。

android_studio-teapot_5

実行すると、実機上で結果が表示されます。
android_studio-teapot_6

ちなみに more-teapots に切り替えて実行も可能です。Galaxy S2 の環境では性能の問題から 60FPS に到底届かない感じでした。
android_studio-teapot_7

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする