ESXi 6.0u2 へのアップグレード


前回の続きになりますが、ESXi 5.5 から 6.0 系への更新を進めてみました。

ssh でつないでコンソールからアップデートを適用しました。5.5 の段階でいれた Network のドライバが消えてしまうかとヒヤヒヤしながら作業しましたが、再起動後も問題なく認識されたままでした。消えてしまった事例も見つかるので、sshでつないで esxcli 経由でやったのが成功の秘訣かもしれません。

スポンサーリンク

ESXi 6.0 への更新作業

ssh でログインして、以下のコマンドを実行します

アップグレードの一覧を取得します

アップグレードの適用を行います。この実行時には進捗状況が表示されないため不安になりますが、10分程度放置していたら正常に完了しました。

esxi-update-to-6.0_1

さらに ESXi 6.0u2 へ

さらに現時点の最新 Update2 にまで更新を進めていきます。
VMware のページ (要ログイン)から更新の zip を取得して適用します。ここで取得するzipは最初から順番にパッチを当てる必要はなく、最新のものでよいようです。

現時点の最新パッチとしては ESXi600-201608001 というものがありましたが、
update2 になったタイミングと思われる update-from-esxi6.0-6.0_update02 があったのでまずはこちらを取得して適用してみました。

取得した zip を scp などで転送します。ここでは /vmfs/volumes/datastore に仮置きして作業しています。

まずは ESXi ホストのバージョンを確認した後メンテナンスモードに設定します。

まずは zip にあるプロファイルの確認を行います。

プロファイル名がわかったところで、アップデートの適用を行います。

適用すると Reboot Required: true になっていますので、ここで再起動を行います。
再び ssh で接続して確認してみると以下のように更新されたことが確認できました。

最後に ESXi ホストのメンテナンスモードを解除します。

参考

ssh コンソールでアップデート作業をするために以下のページの情報を参考にしました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする