Raspberry PI2 に Windows10 IoT インストール事情

ずいぶん前に Windows10 IoT を Raspberry PI 2 にインストールして多少触りましたが、インストールの仕方などがあれから変わってしまって、現在 2016/06 では正当とはいえなさそうだったので改めてまとめてみました。

Windows10 IoTを入手する

マイクロソフトのサイトにアクセスして始めることになります。アクセスするとターゲットを選んでいくと NEXT ボタンが出現するのでそれを押します。

win10-iot-rpi2_1

その後、以下のような画面になるので、Download Dashboard をクリックします。すると setup.exe がダウンロードされるのでこれを実行してインストールを行います。
win10-iot-rpi2_2
インストール中
win10-iot-rpi2_3

アプリケーションが起動して、以下のように画面が出現します。
win10-iot-rpi2_4

ここで新しいデバイスのセットアップを選んで、項目を設定していきます。デバイスの種類では対応しているハードウェアが並んでいることと思います。
win10-iot-rpi2_5

あとは、「ダウンロードとインストール」のボタンを押すと SDカードにイメージデータが書き込み開始となります。ここには時間がそこそこかかるのでゆっくりと待ちます。

Win10 IoT で起動する

できあがった SDカードをデバイス Raspberry PI 2 に装着して起動します。初回起動はちょっと時間がかかるようです。自分の環境では HDMI で 1920×1080 のモニタにつなげたところ、画面が切れてしまいうまくいきませんでした。別のモニタ(1280×1024,DVIへ変換) にして初期設定を行いました.

初期設定は言語を選択するためにマウスが必要です。また有線LANを使っていて、DHCPではない場合にはキーボードでネットワーク情報を設定してあげる必要がありそうです。手元にあった USB WiFi ドングルを差してみましたが認識しなかったので限定的なものでしか WiFi は使えないということなのでしょう。

ここでは有線でつないだとして話を進めます。
先ほどのツールで、”自分のデバイス” を開いておきます。その後 Raspberry PI 2 を起動します。しばらく待っているとここにデバイスの情報が表示されます。

win10-iot-rpi2_6

まとめ

以前は OS イメージを別途ダウンロードして、 Windows10 のコマンドラインで手動で書き込みしていましたが、今や全て GUI 操作できてしまうようです。楽になりました。
ここまでできればあとは VisualStudio 2015 からのリモートターゲットとして使用可能になっているようです。