Ubuntu 16.04 で Vulkan を使う


以前には Ubuntu 14.x で Vulkan を試してみました。今は Ubuntu も 16.04 LTS が出てちょっと経ちましたので、これでやってみたいと思います。結論としては、従来よりも安定して導入・使用開始できそうな気配を感じています。

ubuntu-vulkan_vulkanscene

スポンサーリンク

Ubuntu 16.04 に Vulkan ドライバを入れる

OSをインストール直後の状態から始めたと想定しています。
もし NVIDIA binary driver を使用中の場合には Nouveau ドライバを使用している状態からスタートさせてください。

リポジトリの追加

ドライバをインストールするにあたり、以下のようにしてリポジトリを追加します。

続いてリポジトリ状態を更新します。

ubuntu-vulkan_apt-update

ドライバ本体インストール

ドライバを以下のようにしてインストールします。

もしかするとこのドライバよりも新しいものが使えるかもしれません。
nvidia- までを入力してタブキーを押してみて、列挙されたものの中から新しいものがあればそれを使っても良いかと思います。

インストールを完了したら再起動を行います。

Vulkan SDKインストール

ドライバが正常にインストールされたかを確認するために、glxgears を動かしてみました。
情報を確認してみると NVIDIA のドライバ 367.18 が使われていることがわかりました。
ubuntu-vulkan_glxgears
glxgears がインストール済みでなく、上記の結果を試したい人はここで mesa-utils をインストールすることで入りますので試してみてください。続いて以下のようにして Vulkan のライブラリやユーティリティをインストールしてみます。

正常にインストールされると、この時点で Vulkan のヘッダがインストールされています(/usr/include/vulkan に入っていました)。

また vulkaninfo も実行可能になっていると思います。

$ vulkaninfo 
===========
VULKAN INFO
===========

Vulkan API Version: 1.0.8

(以下省略)

このような感じで表示されれば Vulkan の使用が可能になっています。

サンプルのビルド

以前にもやったようにサンプルを make して動かしてみたいと思います。
まずは必須のライブラリやツールを以下のようにしてインストールしておきます。

サンプルと GitHub からダウンロード(クローン)します。

以下のような手順でサンプルのディレクトリで make を行います。

ubuntu-vulkan_cmake
bin ディレクトリに実行体ができあがっているようなので、それを実行してみます。
ここでは vulkanscene を実行した結果の画面を載せてみました

ubuntu-vulkan_vulkanscene

まとめ

以前のベータドライバを試行錯誤していた頃に比べると圧倒的に楽に環境を構築して、サンプルを動かすことができるようになりました。これで始めるのに敷居が下がったように思います。
先日の VisualStudio で Linux 環境下のアプリ開発についての色々も併用すると開発中も少し楽ができるのではないかと思っています。

参考

Ubuntu で Vulkan の試行錯誤日記

Visual Studio で Linux ターゲット系

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする