Windowsキーの復活


英語キーボードでもWinキー使いたい!

家でも会社でも、英語キーボードの101配列なのですが、
Vistaとか使い始めると、フリップ3Dとか目玉機能があるのに使えないという状況に。

そして、噂で聞いていたWindowsキーを別のキーに代替させるという方法をとってみることにしました。

参照先 :http://journal.mycom.co.jp/column/winxp/181/index.html

手順は以下の通り

  1. regeditを起動
  2. HKEY_LOCAL_MACHINE/SYSTEM/CurrentControlSet/Control/Keyboard Layout を開く
  3. この場所に新規のキーを追加して、キーの代替を設定します。
  4. キー名は”Scancode Map”, キータイプは”バイナリ値”.

うちでは、以下のようにキーの中身を設定しました。

代表的なスキャンコードを以下に記述しておきます。

キー名
Alt(右) 0xE038
Alt(左) 0x38
Caps Lock 0x3A
Ctrl(右) 0xE01D
Ctrl(左) 0x1D
Esc 0x01
F11〜F12 0x57〜0x58
F1〜F10 0x3B〜0x44
Num Lock 0x45
Scroll Lock 0x46
Windows(右) 0xE05C
Windows(左) 0xE05B
ひらがな 0x70
スペース 0x39
半角/全角 0x29
変換 0x79
無変換 0x7B

設定時のポイントは、レジストリに設定するときに2バイトのコードは逆転して記述すること。

(0xE038 → 38 E0 と設定)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする