Ubuntu で Vulkan を試す(失敗編)


NVIDIA Geforce GTX 750 Ti が刺さっている Ubuntu環境があったので、
これを Vulkan のドライバを入れてみることにしました。
その作業をここに記録しておきます。

ドライバをダウンロード

Nvidia Vulkan Driver: https://developer.nvidia.com/vulkan-driver
からドライバをダウンロードします。
ここでは、 Linux 64-bit を選択して、 NVIDIA-Linux-x86_64-355.00.27.run というファイルをダウンロードしました。

このファイルを後ほど実行するため、以下のコマンドで実行属性をつけておきます。

ドライバのインストール

既存のドライバを削除して、ダウンロードしたドライバをインストールします。
この過程でウィンドウシステム(X-Window)が一度シャットダウンされるので注意が必要です。

まずはドライバを削除します。

CTRL+ALT+F2 でコンソール画面に切り替えてから、ドライバをインストールします。

これでインストールが始まります。あとはインストーラーの指示に従ってください。
途中で”The distribution-provided pre-install script failed!” と表示されてしまう場合があるかもしれません。これの解決法は不明です。

自分の場合には、まさにこれでしたがインストールを強行することにしました。
その後インストーラーはエラーを出さなかったのですが、再起動したらグラフィカル画面が全く出なくなってしまいました。

追記

インストール&動作に成功できた記事を別途用意しました。こちらを参照ください

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする