X-Window なしで OpenGL ES2 を使う その3

Ubuntu で NVIDIA のボード&ドライバを使って試してみました。

NVIDIA のプロプライエタリドライバをインストール

今回使用したのが NVIDIA の Geforce 750 Ti だったのですが、
Ubuntu 15.10 の標準インストールで使える nouveau ドライバでは通常の描画からして異常で使い物になりませんでした。
そこでプロプライエタリドライバをインストールするに至りました。

ドライバのインストールは以下のようにして行いました。

このドライバをインストールしてもうまく動かないようならば、
最初の描画不正の点も相まってボード故障も疑うところでした。
実際のところ、ドライバのインストール後の再起動したあとからは正常に描画できるようになりました。

コマンドでインストールしましたが、GUIからもインストールは可能だと思います。
(Additinal Drivers 関連かSoftwareセンターからできるかと思われます)

プログラムの実行

X-WindowなしでのOpenGLなプログラムを実行してみました。
そもそもこのドライバ使用でも /dev/dri/card0 が出現していたので、
KMS有効であると考えて、先日のプログラムは動くのではないかと思った次第です。

しかし結果は drmOpen で失敗してしまうようで、動作確認に至りませんでした。
NVIDIA のプロプライエタリドライバでも/dev/dri/card0 へのアクセス可能なようでしたが、 drmModeGetResources で失敗してしまうようでした。もう一歩でうまくいきそうな感じがするだけに、残念です。

追記

どうやら KMS サポートしているという見え方がダミーだったようです。
/dev/dri/card0 あたりがすでにダミーデバイスノードとの情報を見つけました。
そのせいもあって、 weston も動作しないという情報もあるようです。

http://wayland-bugs.freedesktop.narkive.com/4zE7PwYd/bug-90323-weston-launch-drmmodegetresources-failed

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする