VisualStudio 2015 と VMwareWorkstation


Windows10 環境にしたこともあり、VisualStudio 2015 も普段使いの環境に追加していました。このときに、 VMware Workstation 12 で仮想マシンを構築・起動をしようとした際に、「64ビットのゲストOSはこのホストではサポートされていません」というエラーメッセージが出てしまいました。

このエラーは、仮想化支援の機能が BIOS で OFF にされていたり、 そもそも CPU が対応していなかったりすることでみるものなのですが、今回はそれら以外でこのエラーを見たのでここにメモしています。

Android 開発もできるようになったとのことで、 VisualStudio 2015 のインストール時に、 Visual Studio Emulator for Android という開発用のエミュレータをインストールしてしまったことにありました。

このエミュレータはクライアント Hyper-V の機能をベースとして使っているようで、これが原因となっていました。

仮想化支援の機能は基本的にはすでに使用されていると次のアプリでは使用できないため、このような症状になったというわけです。(近年は、Nested な仮想化支援環境も構築できるよう進んでいますが、Hyper-V はこのあたり非対応のままのようです)

早速、コントロールパネルから Windows の機能の部分で Hyper-V に関するところを確認してみたら、インストール済みとなっていましたので、チェックを外して無効化しました。この後再起動を要求されます。

再起動後は、 VMwareWorkstation では当初出ていたメッセージが消えました。一方で、案の定ですが VisualStudio の Android エミュレータは使用不可能となっていました。両立できないのは残念ですが、仕方のないことではありますね・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする