Debian Jessie で RADEON のドライバを入れる


標準インストールで xfce が入った状態だったので気にもしていなかったのですが、glxinfo を実行してみたらレンダラが llvmpipe になっており、ドライバがちゃんと入っていないことに気づきました。

ちょっともったいないので RADEON 用のドライバを入れることにしました。KernelModeSetting のためにはファームを入れろ、と起動時のログにも出ているのを今更ながら発見しました。

まず DRIモジュールとファームウェアバイナリを入れるために、/etc/apt/sources.list を編集します。contrib, non-free がデフォルトのものに追加されたような感じになります。

編集したら更新してから、パッケージを入れます。

あとは再起動後に有効になっていると思います。glxinfo などで llvmpipe ではなく、今回インストールしたドライバが使用されているかと思います。

OpenGL バージョンは 3.3、 OpenGL ES は 3.0 あたりになりそうです。ハードウェアとしては 4.0 もいけるはずなのですが、オープンソースドライバですし仕方ないことなのかもしれません。

glxinfoなど

glxinfo は mesa-utils パッケージにあるようです。

ソフトウェアレンダラだとこのように表示されます。llvmpipe は従来と比べると出来の良いレンダラで割とまともに動作します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする