Debian 8 入れてから Proxmox VE 4.0


GA-G41M-Combo に Proxmox VE 4.0 インストールしようとしたらインストーラーの画面解像度が 1024×768 以上を必須としているためインストールできませんでした。このボードに RADEON HD 7750 をつけてみたりしたのですが、オンボードであれ PCIe のボードであれどうにも 800×600 になってしまうようでした。モニターの都合もあるかとおもい、2つほどで試してみたのですが結果は変わらず。

 ハードウェアスペック的には問題ないと思っていたので、HDD を取り出して別環境で Proxmox のインストールだけ行って再び戻すことにしました。結果はこれだったらうまくいきました。

これはこれで手間なので Debian8 をインストールして、その上に Proxmox をインストールしてみるということを試してみます。これもまた Proxmox は対応しているようです。まずは Debian8 をインストールして環境を準備しておきます。

Debian8のインストール

これの詳細は割愛します。DVDイメージが3枚だったので、自分はネットワークインストールを選択して適当に済ませました。

設定ですが、他からのアクセスのことも考慮してIPアドレスを固定させるようにしました。
また /etc/hosts で名前の解決ができるように設定してあります。例として以下のような感じにしています。

これらの動作確認には公式にもあった手順をおこないます。

こんな感じで名前の解決処理ができればよさそうです。

またdebianのインストール状態で外部からの ssh 接続や、必要なドライバ類の設定(non-freeなfirmwareなど)も行っておいた方がよいと思われます。

Proxmoxのインストール

公式のページにも方法がちゃんと書いてありますが、ここでも順序そのままにやってみたいとおもいます。

次のようにしてリポジトリの方を追加します。都合で改行を入れましたが1行で入力します

リポジトリのキーを追加します。そして更新処理を行います

ようやく Proxmox VE のパッケージを以下のようにしてインストールします。

環境にもよると思いますが、結構これらのインストールには時間がかかりました。エラーもなくインストールができれば、システムを再起動します(カーネルも作り直されているようです)

再起動したら他のPCからこのProxmoxの環境めがけて、ブラウザで接続してみます。
ブラウザで、 “https://[yourip]:8006/” へ接続してみてください。

付録にも書きましたが、https で接続するように気をつけてください。これに気づかず自分では調査に半日程度かけてしまいました・・・。

debian8-proxmox

スポンサーリンク

補足メモ

いくつかTips的なものがあったのでこちらに残しておきたいと思います。
これらがどなたかの役に立てば幸いです。

hosts設定不良の件

このようなエラーメッセージが出たときには /etc/hosts の設定がまずいです。
自ホスト以外の項目を削除して、確実に自分の名前解決できるように設定すれば対処可能なようです。

ブラウザで接続した際に Connection reset

ブラウザで接続した際に Connection Reset や ERR_EMPTY_RESPONSE といった現象に出遭うかもしれません。
自分のところでは接続先を http で行った場合に発生しました。今一度 https で接続しているか確認してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする