VMwareWorkstation8.0出てた


つい最近のようですが、VMware Workstation 8.0が出ていました。
早速、アップグレードで購入してみました。

今回の目玉機能としては、共有VM機能でしょうか。
これは、別PCで動いてるVMware Workstaionに接続して、
手元で動いているかのように見せてくれる機能です。
まあ、画面だけを手元のVMware Workstaionで表示しているだけだったりはしますが。
この部分はvSphere Clientに近い使用感と言えると思います。

他の機能としては、ちょっと試してはいないですが、3Dグラフィックスの性能向上、仮想マシン内でESXiを動かし、その中でさらに64bit仮想マシンを動かすことも出来るようになったみたいです。
昔はESXi on VMwareの中で 64bit仮想マシンは起動できなかった覚えがあるので、この部分の改良でしょうか。

気付いた点

  • 付属のVMware Playerが 4.0になった!
  • 物理マシンを仮想化するための機能が搭載されている模様.
  • UIがすっきりした。
    • なんとなくですが操作しやすくなった気がします

ESXiとの連携について

vSphere ClientでESXiに接続していましたが、VMware Workstation 8.0でもESXiに接続できるようになっています。普段利用するWorkstationのほうからESXiに接続できるのは便利ですね。
おかげでvSphere Clientを起動してESXiにアクセスする頻度はかなり下がりそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする