Proxmox上の仮想マシンにKTV-FSUSB2をパススルー


せっかくなので Proxmox 上に構築した仮想マシンに KTV-FSUSB2 をUSBデバイスのパススルーを使って接続してみました。これらがうまく動いてくれるか見ていきたいと思います。

各仮想マシンに USB デバイスを接続する過程は省略させていただきます。

スポンサーリンク

Windows7 の場合

接続したところちゃんと認識してデバイスマネージャーに出現します。
proxmox-ktvfsusb2n-2
proxmox-ktvfsusb2n-3

しかしながらドライバのインストール後にどうしてもうまくいかず。!が付いたままとなりました。ドライバの署名関連でもなさそうなので Windows についてはひとまずコレで終了

proxmox-ktvfsusb2n-5

CentOS の場合

必要なものは GitHub(https://github.com/sh0/recfsusb2n)からダウンロードしてきました。

早速コンパイルしてみます。

これではエラーが出てしまったので、以下のようにして em2874-core.cpp を開いてコンパイルできない点を修正.

正常にmakeが完了すると recfsusb2n という実行体があるのでこれを適当な場所へコピーしておきます。

それでは早速テストしてみます。適当に 30秒ほど録画してみました。このファイルを Windows7 などの環境へ持って行って確認してみます。

一見ちゃんと動いていそうなのですが、残念なことに、相当なドロップが発生してしまっており、正常な再生が出来る状況ではありませんでした。Windows に比べればここまで出来ましたのですこし惜しい感じです。

まとめ

USBデバイスのパススルーではうまく録画環境はつくれませんでした。もしかすると USB ボードごとをデバイスパススルーするとまた違った結果となるかもしれません。 未検証ですので、 VT-d 対応の Proxmox 環境作ってどなたかやってみてほしいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする