ESXi 5.0でびっくりした


ESXi 5.0で機能強化された点に3Dグラフィックスサポートがありました。
Windows Vista/7でAeroが有効にできるというシロモノのようです。

前回の時にはVMwareToolsをインストールしても有効にならなかったので、
諦めていたのですが、今回有効に出来たので日記に記載しておきます。

やり方は実は簡単で、以下の設定だけでOKでした。

  • 仮想マシンの設定で、”ビデオカード”-“3Dサポートを有効化”にチェック

これだけです。
そして仮想マシンを再起動すればOK.
もしかするとテーマの選択でAeroを再設定する必要はあるかもしれませんが。

この結果、vSphere Clientのコンソールの画面でも、
Aeroが有効になっている状態で表示されます!!

・・・あー、おそらく仮想マシンはVersion 8形式で作らないとダメかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする