PowerVR SGX*** のカーネルドライバのソースコード


結構触っていない期間が長くなってしまいましたが MIPS Creator CI20 の最近の様子はどうだろうと思って調べてみました。http://elinux.org/MIPS_Creator_CI20 にアクセスしてみたら、実は既にこのボードって3世代くらいになっているようです。形的には最新の世代の正方形に近いものがいいなぁと思ってます。しかし未だに日本の発売はなさそうで、残念。

今の最新では Debian 8 の環境開発が進んでいるようで、SGXドライバが使えないという話は昔の話となりつつあるような感じです。そして自分が使っていたシステムイメージなどは CI20_Distros_Legacy のページに行ってしまっていました。
そしてこのページには Debian 8 Jessie 部分で、”Graphics acceleration will not work (the powervr drivers currently don’t work with xorg 1.16).” なんて記載が残ってました。現行のページでは release note にもそんな話は見当たらないので、そこそこ使えたりするんじゃないでしょうか。そのうち時間できたら試してみるかもしれません。

その一方で驚いたのが CI20_Dev_Zone のページです。こちらは通常は覗くことがないかもしれません。自分もたまたま発見したのですが、このページの後半で Linux Kernel のビルドに関しての説明があるあたりで驚きました。
 それが “Building GPU Kernel Module from sources” という部分です。 PowerVR の SGX のドライバは今まではバイナリ提供でソース類を明かさなかったのですが、コレを見るとカーネル部分のドライバソースも公開されているようです。これらに関してはこちらの CI20-SGX_kernel_moduleのページのようです。ここでは 3.0.8 でも 3.18 カーネルでも対応してるっぽいです。

 ちょっと興味があったので中身を開けてみたら、 pvrsrv のソースっぽいものがあったり、各PowerVR のチップ(sgx530, sgx535, sgx543, sgx544, sgx540)といったもののレジスタのヘッダがあったりととてもおもしろい気がします。このあたりのチップは他の組込ボードでも使われているケースがあるので、割と使えるものな気がしています。

OpenGL も動くグラフィックスドライバがソースコード付きの公開というのは自分は初めて見た気がします。これはとても興味深いですね。(ただしOpenGLの解釈部分などはここじゃないようですが)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする