ESXi のカスタムディスクを作る (5.x系)


ESXi 5.x のあたりからドライバを含んだディスクを作れるようになりました。標準で非対応のオンボードNICを使いたい場合にはこの作業は必須項目だったりします。今までドライバを含んだディスクを作ることはなかったので、ちょっとやってみました。
初めてやってみたので、以下の内容にはまずい点がある可能性がありますので参考にする際には注意して下さい。

スポンサーリンク

必要なツールのインストールと必要なファイルの準備

VMware vSphere PowerCLI が必要になります。これを事前にWindows環境へインストールします。
このとき .Net Framework も必要になるのでインストールされていなければそれもその前にインストールしておきます。

使用したファイル

今回は VMware-ESXi-5.5.0-1331820-depot.zip を使用しました。これも My VMware などからダウンロードして適当な場所においておきます。今回の例では C:/esxi55 という場所に配置しました。

そして必要とするドライバについては C:/esxi55/offline 以下に置くことにしました。
これらドライバの配布してくれているサイトとして
https://vibsdepot.v-front.de/wiki/index.php/Welcome
を使用しました。今回NIC用として選んだのは以下のファイル達です。

  • net-e1000e-3.1.0.2-glr-offline_bundle.zip
  • net-r8139too-0.9.28-1-offline_bundle.zip

イメージの作成手順

インストールした PowerCLI を管理者権限付きで起動します。そして Add-EsxSoftwareDepot コマンドを実行します。
以下の今回の例を示します。

続いてドライバのファイルらを追加登録します。

ここで Get-EsxImageProfile コマンドを実行して名前を確認します。この名前は後で使用するため確認しておきましょう

Get-EsxSoftwarePackage コマンドを実行してドライバ達が含まれているか確認します。
基本的に VMware 外のファイルが含まれているか、という観点で見た方が早く見つかるかと思います。
以下に一部を抜粋しておきます。

確認出来たら Export-EsxImageProfile のコマンドで iso ファイルを作成します.以下に実行例を示します。

これでカスタム iso が出来たので後はインストール対象マシンで使用することが出来るはずです。

Image Profileのリスト

次のサイトで公開してくれているようでした。参考までに紹介しておきます.
http://www.virten.net/vmware/vmware-esxi-image-profiles/#esxi5.5

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする