Proxmox に CentOS インストール

最新は CentOS 7.x で、色々と変わってしまっているためまずは手頃な CentOS 6.x で試してみたいと思います。

インストールISOの準備

CentOS のインストール ISO ファイルを Proxmox 上にアップロードします。
proxmox-centos-inst-1

仮想マシンの作成

基本的に何も難しいことはないので、 Create VM ボタン押下後の各設定の画面を以下に載せておきます。
proxmox-centos-inst-2
proxmox-centos-inst-3
proxmox-centos-inst-4
proxmox-centos-inst-5
ここでは Linux なので VirtIO にしても問題なく動くだろうと勝手に予想して設定しました。KVM は Linux カーネル側にも入っているシロモノなので CentOS にも考慮があるだろうという予想です。
そうして Start で VMを開始させたときの図がこちら。

“Install or upgrade on existing system” のメニューを選んでインストールを行います。
proxmox-centos-inst-6
proxmox-centos-inst-7
調子にのって最初から Virtio のタイプでデバイスを設定しましたが、このくらい新しいCentOSであればそれらを認識して動くようです。予想通りです。
proxmox-centos-inst-8

またハードディスクも同様で、ちゃんと認識していました。さすがです。
テストのため、 Desktop 構成でインストールを行いました。
proxmox-centos-inst-9
proxmox-centos-inst-10
普通に動いているようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする