6850に交換&CubeMapGS性能テスト


ボード交換

グラフィックボードをRADEON HD 6850に換装しました。
5450->6850なので、かなり性能UPです。

この過程で、Catalystのバージョンもあがってしまいました。
現在は、11.6 を使用している状況です。

以前にドライバを更新したらOpenGL環境下でうまく動かなくなった、というトラブルも(今のところはなく)一安心です。

CubeMapGS結果

うちの環境では性能向上が特に分かりそうなCubeMapGSでテストしてみました。

環境 オプション FPS値 9800GT時 5450時
球体モデル UseInstancing 164 119 28
球体モデル 250 61 38.2
車体モデル UseInstancing 80 44 8
車体モデル 98 32 9

以前のテスト結果も一緒に記載してみました。
これをみるとさすがに性能向上を実感できます。
そもそも5450がメモリバス幅64bitだったからなおさらという点もあります。

そしてどうもNVIDIA時には、このUseInstancing有効のほうが得意で、AMD製ではUseInstancingが不得意な印象を受けます。

参考:以前の日記

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする