INTEL の INDE 続報

あれからエラーの対処とかやってみた結果、少し進捗があったのでメモしておきます。
VisualStudio でのビルド時に以下のエラーがでてその先に進めないのが問題でした。

この内容はある意味定番で、JAVA_HOME が設定されていないとか、java.exe が見つからないとかそういう話に帰着します。
今回難航していたのは、android.bat を実行したら Android SDK Manager が起動するし、 javac とタイプしたら実行されるし、とパス情報は正しく設定されているようだったのに、上記のエラーが出てしまう、という点にありました。

結局のところは、 “android-sdk-windows\tools\lib” の場所にある find_java.bat を編集し、直接 java のパスを記述するという方法で対処することにしました。以下例を示します。

find_java.bat の43行目付近あたりから.

自分の環境では C:\Java に jdk7 (32bit) をインストールしています。通常のパスと異なっている理由は、空白を含むパス Program Files あたりが影響しているのでは?と疑ったためです。

上記の修正を施したら、正常にビルドが出来るようになりました。

本題:デバッガーは使えるか?

自分の手元にある Android 端末へ転送およびデバッグが出来るかを試してみます。個人的にはこれが出来るかどうかが最大のポイント(売り)だと思っています。

いざ実行してみると・・・
vs-inde-dbg
以上のようになり, ARM の CPU を持つ Android ではダメなようです。ちゃんと Intel の CPU で ARM の振りをしている端末でないとデバッグ対象として使えないようです。
 gdb を使っての仕組みは同じだろうから、非公式ながらも arm を対象としても動くのではないかと思っていただけに残念でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする